「 お店のもの 」一覧

あじさい仕事

IMGP9177-2

お店のオープンが終わったので、縫物を休んで庭仕事をせっせとやっております。それにしてもほんとにね、いつ雨が降るんですかね~。

庭のあじさいたちは、地植えも鉢植えもみーんなうなだれ気味。毎日水やりをしてますがなんだか本当に何もかも乾燥していて、家の下を流れる石川も全然水がなく、申し訳程度にちょろちょろと流れるばかり。

来年のために挿し木をしてますが、こんなに空気が乾いていたら湿気が好きなあじさいたちが根っこを出せないんじゃないかとひやひやしています。

うまく育って、来年たくさん咲かせられるといいんだけどなぁ。

IMGP9175-2

これは今咲いてるエンドレスサマー。少し色変わりが始まって青から紫へ。まだまだこれから変化するのが楽しみ。

来月のカレンダーをアップしました。来月は17日の月曜日が海の日の祭日なので、ちょっとだけオープン日を延長しまーす。


花筏のガラスプレート

IMGP8863-2

友人のガラス作家、ハマダミナコさんの春色ガラスプレートが届きました。

小さな気泡を含んだ半透明の白地に、まるで桜の花びらのような

薄紅から薄紫の淡い色合いのガラスのカケラが浮かんで

小さな池の縁に漂う花筏のような風情の、うっとりするような

素敵なプレートです。

 

これに何を載せようかな・・やっぱり桜餅だよねぇと

ワタクシの想像力の羽はそこまで止まりなのですが、

このプレート、何を載せるのが似合いますでしょう?

IMGP8860-2


冬ガラス

img_0822-2

不思議ですね。

「冬」と聞いていなくても、雪の中で春を待っている植物の芽や根や、

冬の乾いてしなびているように見えるツルが思い浮かびました。

春を夢見ながら眠りについた植物たちを描いたような、

冬のガラスプレートです。

「ワクワクしながら作った」と作り手のハマダミナコさん。

暖色系の色はほとんどないのに、あったかい感じがしました。


明後日から10月のopenです

image

今日は雨が降ったり止んだりのせいか、久しぶりに空気がひんやり。

自転車で走るとひんやり空気の中に金木犀がふっと香りました。

毎年初めて金木犀を感じる時は、いつもひんやりしている気がします。

 

さて明後日から10月の展示室openです。

いつもは15日までですが今月は16日の日曜日までで、いつも通り

火曜日はお休みです。

涼しくなってくると何が嬉しいって食べるのが更に楽しくなること。

ご飯にお野菜にあったかいものに甘いもの!

秋になって更に楽しくなるお茶の時間のお供アイテムを

ほんのちょっとですが展示室に並べてお待ちしておりまーす。

 


緑と青のモザイク

imgp7433-2

友人のガラス作家、ハマダミナコさんから新作が届きました。

ここのところずっと彼女がハマりっぱなしというモザイクプレートで、

その中でも初めてカラーの「グリーン&ブルー」。

季節はちょっと違うけども、大好きな紫陽花のようなちいさなカケラがいっぱい。

間に入っているカーキグリーンのカケラが、緑と青を静かに調和させてくれています。

光にかざすとまた違う表情。

imgp7445-2


夏のガラス

IMGP7233-2

当展示室の寡作なガラス作家、ハマダミナコ氏の今年の夏の作品が届きました。

彼女のお得意とする、独特の色の組み合わせが素敵な正方形の角皿と、

小さな気泡がいっぱい入って、ソーダ水やカキ氷を連想させる

白いモザイク模様の長方形の角皿の二種類。

 

白い方は昨年から引き続いている人気シリーズで、前回のものはなくなってしまいましたので

気になる方はお早めにどうぞ。

ワタクシはと言えばブルーxグリーンxオリーブブラウンという、何となく土っぽいような

アフリカンな色の組み合わせのプレートが気になって仕方がないのでした。

 

IMGP7224-2