「 glass 」一覧

明日から12月

IMGP9727-2

気付けば明日からもう12月。一年の最後の月の12月。今年の総決算の12月。あー今年自分は一体何を成し得たであろうと振り返ってみても何も浮かばない12月(しつこい)。とりあえず元気でいてるということで良しとして前に進みたいと思います。

そんな進歩のない店主とは違ってどんどん新しい作品を創って届けてくださるハマダミナコさんから、寒い季節のテーブルにとっても似合いそうな落ち着いた渋い色合いの小さなプレートが届きました。

深い森の樹木や土を想わせるダークオリーブやカーキグリーンの中に、雪の白、実の赤を想わせる小さなカケラが散った小さな小さなプレート。小さなアクセサリーを置いたりキャンドルホルダーにしてもいい雰囲気。

クリスマスや冬のテーブルコーディネートを楽しむアイテムとして、古いランプやミモザのリースの絵柄の仏製アンティークプレートなども入荷しています。

明日12月1日~17日までの12月のオープンに、ぜひお立ち寄りくださいませね。

 


冬のモザイクプレート

IMGP9700-2

IMGP9701-2

淡い色のカケラを散りばめて作られた、人気のガラスプレートが入荷しました。今回のテーマは「冬」。冬の夕暮れの窓辺に差し込んでくる陽光を思わせるような、金色ガラスの小さなプレートを持ってハマダミナコさんが遊びに来てくれました。ちいさめのプレートで、今までにはなかったサイズです。

定番の白のモザイクプレートは八角形のもの。フランスなどのヴィンテージの食器にも八角形のプレートがあって人気ですが、「八角形」は上に乗せられたものをとても美しく見せてくれるように思います。カタチそのものにも存在感がありますので、ただ置いておくだけでも絵になりますよね。

赤いモザイクも作りたい…とのことなので、クリスマスが待ち遠しいです。

IMGP9697-2

 


秋色&青のモザイクプレート

IMGP9425-2

まだまだ暑くて縫物の手が進まず、それを言い訳に更新まで滞りがちですが、仕事を進める意欲のあるお方はしっかりご自分のお仕事をぐいぐいとやっておられるんですね!

ガラス作家のハマダミナコさんが、人気のモザイク模様のプレートを持ってきてくださいました。しかも今回は何とも鄙びて乾いた色あいの秋色あじさいのような姿で、「○○色」とひとことで言えない曖昧カラーが本当に素敵なのです。

ご覧になった方がよく、これ何に使うの?とお尋ねになるんですが、ガラスなので基本は何にでも使えます。今までお持ち帰りくださった方はお香立て、おやつのプレート、晩酌の肴を並べる・・・などなど様々にご利用くださっているご様子。

中には「何にも入れずにただ眺めてるのー」という方もいらっしゃって、激しく賛成なのです。


白 x カーキのモザイクプレート

IMGP9302-2

現在展示室は月後半のお休み中で、8月になっても26日の「じないまち燈路」まで夏のお休みをいただきますので(お店が暑すぎるのです!)、まあ何と言いますか~、ひとことで言うとその~、あれなんですよ、夏休み。

でもでも、夏休みだからって遊んでばっかりじゃあないのですよ?

お隣の23番地.さんで「出張 linogu」をやらせていただいてますし、真夏にいいかなぁなんてアイテムを作り足して納品したりなんかする予定なのでお仕事もちゃんと裏でやっておりますです。

さてそんななか、友人でガラス作家のハマダミナコさんが遊びに来てくれて作品を置いていってくださいました。気泡がたくさん入った半透明のベースに白やベージュやカーキ色のモザイク模様が額のように縁取っている、とても美しい姿のプレートです。

タイトルにありますように、カーキ色のガラスのカケラが静かで落ち着きのある存在感で、これを眺めていると土色系統の色味大好き人間のワタクシは心がとっても穏やかになります。

光にかざした姿も美しく。

IMGP9304-2

 

縁回りのモザイクがしっかりめのと細めのと、2種類ありますが、どっちがいいかな~と一人で眺めまわして楽しんでおります。

8月の終わりまで展示室はお休みですが、ブログでご紹介している品物に関しましてはお電話やメールなどでお問い合わせいただけましたらお答えさせていただきますし、ご購入に関しましても対応させていただいております。

お気に召されましたらお気軽にお問い合わせくださいませね。

IMGP9297-2

IMGP9294-2


夏のガラスプレート

IMGP9249-2

もうかれこれ20年来の友人、ガラス作家のハマダミナコさんの作る「夏のプレート」が展示室にやってまいりました。

今年の「夏プレート」はフロストタイプのブルーで涼し気な出来上がり。右は昨年の「夏プレート」でクリアなタイプだったので、「涼しそう」にも色々個性があるんだな…といった具合でしょうか。

プレートなので何かを載せるのが本業だと思いますが、このままこの涼しそうな表情を眺めていたい気分です。

 

さて展示室には夏プレートが2枚入荷したのですが、作者のハマダミナコさんが参加されている「明日香のどこかでガラス展」には、ウチでも人気のモザイクシリーズの姿が!

先日のお休みの日に「画廊 飛鳥」さんをお訪ねしてきまして、ハマダさんの作品やその他のガラス作家さんの作品を鑑賞してきましたのですよ。みなさんそれぞれに工夫を凝らし、様々な技法でカタチづくられたガラス作品たちが並んでおりました。ハマダさんの作品は展示室にはないタイプのものがあり、モノトーンのプレートがカッコ良かったなぁ。

興味を持たれた方はぜひぜひ!近くの農産物直売所で買ったトマトがものすごく美味しかったので、それもぜひ。

IMGP0775-2


花筏のガラスプレート

IMGP8863-2

友人のガラス作家、ハマダミナコさんの春色ガラスプレートが届きました。

小さな気泡を含んだ半透明の白地に、まるで桜の花びらのような

薄紅から薄紫の淡い色合いのガラスのカケラが浮かんで

小さな池の縁に漂う花筏のような風情の、うっとりするような

素敵なプレートです。

 

これに何を載せようかな・・やっぱり桜餅だよねぇと

ワタクシの想像力の羽はそこまで止まりなのですが、

このプレート、何を載せるのが似合いますでしょう?

IMGP8860-2


冬ガラス

img_0822-2

不思議ですね。

「冬」と聞いていなくても、雪の中で春を待っている植物の芽や根や、

冬の乾いてしなびているように見えるツルが思い浮かびました。

春を夢見ながら眠りについた植物たちを描いたような、

冬のガラスプレートです。

「ワクワクしながら作った」と作り手のハマダミナコさん。

暖色系の色はほとんどないのに、あったかい感じがしました。


緑と青のモザイク

imgp7433-2

友人のガラス作家、ハマダミナコさんから新作が届きました。

ここのところずっと彼女がハマりっぱなしというモザイクプレートで、

その中でも初めてカラーの「グリーン&ブルー」。

季節はちょっと違うけども、大好きな紫陽花のようなちいさなカケラがいっぱい。

間に入っているカーキグリーンのカケラが、緑と青を静かに調和させてくれています。

光にかざすとまた違う表情。

imgp7445-2


夏のガラス

IMGP7233-2

当展示室の寡作なガラス作家、ハマダミナコ氏の今年の夏の作品が届きました。

彼女のお得意とする、独特の色の組み合わせが素敵な正方形の角皿と、

小さな気泡がいっぱい入って、ソーダ水やカキ氷を連想させる

白いモザイク模様の長方形の角皿の二種類。

 

白い方は昨年から引き続いている人気シリーズで、前回のものはなくなってしまいましたので

気になる方はお早めにどうぞ。

ワタクシはと言えばブルーxグリーンxオリーブブラウンという、何となく土っぽいような

アフリカンな色の組み合わせのプレートが気になって仕方がないのでした。

 

IMGP7224-2