※1日~4日、7日臨時休業

「 linogu 」一覧

ちょっとクラシカル

IMGP5899

さてさて、白襟のブラウスの製作が続いております。

お次は黒白ダンガリーのコットンリネンの生地でブラウスを作りました。

少しハリがあるのですがコットンも入っているので優しい手触り。

落ち着いた黒x白の色合いで、なんとなくクラシカルで上品な雰囲気です。

 

ギャザーを寄せてふわっとしたカタチの甘めのブラウスですが、

こんな落ち着いた色あいだと可愛すぎないので、日常着として重宝するかと。

8分袖なので、庭仕事や水仕事で袖が邪魔になることがありません。

IMGP5898


淡いグリーンのギャザーブラウス

IMGP6966-2

庭のカエデの新緑が目に心地よくて、縫い物の途中に時々眺めたりしています。

緑を見ると目が休まるっていうのは根拠がないとかなんとかTVで言ってましたが、

ワタクシは絶対休まると思うのです。

 

そんな緑好きニンゲンが選んだグリーンのリネンでブラウスを作りました。

緑といってもとても淡い優しい色合いの緑色なので、デニムや白いパンツなど

色んなものにあわせやすいのではないかと思います。

 

生地はとてもとても柔らかい優しい風合いのリネンで

リネン特有のハリ感やぱりっとした硬さが苦手な方にもおすすめできるなので、

これからの暑い季節に一枚あると日除けにもなって便利なアイテムです。

IMGP6965-2


黒のギャザーチュニック

IMGP6961-2

とってもクリアで綺麗な発色のブラックリネンで

ノースリーブのギャザーチュニックを作りました。

リネンらしいハリ感と上品なツヤがあって、

大人顔をしたリネンです。

 

まだ夏には少し早いですが、

ここのところの明るくて強い日差しに誘われて

ラフィアの帽子をあわせてみたら

「夏」って感じになりました。

IMGP6962-2


ギャザーチュニック

IMGP6945

久しぶりに手に取った、曖昧ブルーの柔らかリネンで

ギャザーチュニックを作りました。

少し緑がかった優しい淡い青色リネンで、色合いと同じように

手触りもとてもとても柔らかくて、おかげで裁断も縫い合わせも

とっても難しいリネンさん。

 

でもその手触りはうっとりするほど柔らかく、ギャザーのところなんかは

本当に綺麗なおさまりで、こんなのが出来るんだったら多少の

難しさは何とか頑張ってみようと気にさせてくれる、とても素敵な生地です。

 

これからの暑い季節に使い回ししやすいノースリーブのチュニックで、

今の季節でしたらカットソーとカーディガンとあわせて着れますし

本当に暑い季節がやってきたらそのまま一枚でも着られるように

袖ぐりのところを工夫しています。

残念ながらこの曖昧ブルーのリネンはラスト一枚ですのでお早めに。

IMGP6941


白襟のギャザーブラウス

IMGP6934

先日アップした、「落ち着く青」リネンシリーズ3つ目は

白襟ギャザープルオーバーブラウスです。

白い襟は着るのが難しそう、とおっしゃるがいらっしゃるんですが、

実は実はその白い襟、顔を明るく見せてくれて、爽やかで軽やかな印象を

生み出してくれる強力サポーターなのです。

 

一見突飛なような派手なような見えがかりなのですが、

着ると白い襟がすんなり馴染んで全く気にならず

一度試着されるとほとんどの方が納得してくださいますので

気になる方はお気軽にお試しくださいね。

IMGP6935

 


ギャザースモック

IMGP6919

先日アップしたワンピースと同じリネンでギャザースモックを作りました。

ギャザーがたっぷり入ったゆったりデザインで、可愛らしいふんわりとした

イメージ。

 

たっぷりギャザーが入っているので「太って見えるでしょ??」と

敬遠される方がいらっしゃる一方で、ふんわりとした優しい着心地が

とっても楽で気持ちいい、とご愛用くださる方もいらっしゃる

人気の定番チュニックです。

 

「スマートな雰囲気」とは無縁のスモックですが、

着ているヒトに優しいデザインなので、お出かけ着にするよりも

おうちでゆっくり過ごしたりのんびりした休日に庭でお茶を飲んだりする

優雅な午後にはちょうどいいのかもしれませんね。

そんなのやったことないので憧れてるだけですけども。

IMGP6918


落ち着く青

IMGP9702

「青」には色々な表情の青がありますが、このリネンはとっても落ち着く「青」。

静かで柔らかな雰囲気で、かといって地味すぎてしまうこともなく

しっとりとした女性らしさを感じさせてくれるので、小さな控えめの

アクセサリーなどをひき立ててくれるベースになってくれると思います。

 

洗いをかけた柔らかな手触りとしっとりとした重みを感じる

リネンらしいたふたふとした質感で、ハリやツヤ感が少ないので

そういうのも「落ち着き」に一役買っているのかもしれません。

 

ずっと前から自分用にこのリネンでワンピースを作りたいなと思いつつ、

でも羽織りタイプのシャツコートもいいな、などどなかなか決められずにいて

残りが少なくなってきているのでハラハラしております。

IMGP9700


もうひとつすみれ

IMGP6916

すみれ色のリネンでテントラインワンピースを作りました。

すっきりすとん、としたカタチのワンピースで、

着る人が背が高くすっきりして見えるようにと色々工夫をしています。

 

例えば肩はジャストフィットにする、腕は変に余らせずにストレートで、

身頃はカラダに沿わせて裾は自然に広がるようにして

上半身が小さく見えるように・・などなど。

 

すっきり見えるけど動きやすくなるように、可動部分にゆとりを持たせているので

綺麗に見えても動きは妨げないのがウリなのです。

自分自身が、何はともあれキュウクツなのは大の苦手で、そこが一番のポイントだと思って

服作りをしております。

もちろん、こんなの欲しいっていうブツヨクも重要ポイントです。

IMGP6915

 

 


春はすみれも

IMGP6910

春はやっぱり桜なのだと思いますが、足元を見ると小さな春がいっぱい。

ちょっとだけ二上山の麓の山道を歩いたときのことですが、斜面のあちらこちらに

すみれがちょこちょこと固まって咲いていて、やっぱり嬉しくなりました。

 

いつだったか、ワタクシの母が「やはり野に置けすみれ草」などとワタクシを評しておった

のですが、それ以来何となく仲間と思うようになりました。

母が言いたかったのは「すみれみたいに可愛い」ではなく、「どちらも野の生き物」との意。

随分前の、若くてやたらめったら山や川で獣のように遊び回っていた頃のことです。

 

「やはり野に置けすみれ草」というのはまちがいで、

「やはり野に置け蓮華草」と「なにやらゆかしすみれ草」がごっちゃになってしまっている

という事が判った今でも、勘違いで生まれた仲間意識が無くなることはなく

見つけると嬉しくなるのでした。

 

そんな「すみれ」の名が付いた「ダークバイオレット」というカラーネームの

リネンでフラットカラーチュニックを作りました。

その色がワタクシに似合うことはなくても、やっぱり好きな色のひとつです。

IMGP6909


ドロップショルダーワンピース

image

静かに好評を得つつあるドロップショルダーのワンピースを作りました。

その名の通り、肩が落ちたデザインで身頃がふわっと広く、

一本の棒のような「I」ラインのワンピースです。

定番の「A」ラインのものは裾が広がっていく形でとても

女性らしい雰囲気ですが、こちらはもっと落ち着いた感じの

デザインになっています。

 

ココのところのお気に入りとなっているネイビーxダークブルーの2色の糸で織られた

シャンブレーリネンの生地は、ご覧下さった皆さまに綺麗ねーと褒めていただいている

べっぴんさん。少し毛羽の立ったふわっとした手触りも優しい雰囲気に一役買っています。

白いシャツの襟を出して着るのが最近のお気に入りで、自分の持っているワンピースを

そんな感じで着ています。

image