「 linogu 」一覧

毛布みたいなシンプルコート

IMGP9638-2

寒の戻り、という言葉はよく聞きますが暑の戻りというのは聞き覚えがなく。とフロシキは広げたもののその先が思いつかないのでこれにて冒頭のご挨拶は終了いたしまして、この暑の戻りによる暑さの中、まるで毛布のようなコートを縫っておりました。

しっかりした厚みのある暖かそうな色合いのウール地が手に入りましたのでよしきた!コートだ!!と思いたち、洗いをかけたらきっともっとふわふわになっていい風合いになるに違いないと思って慎重に洗いました。

すると、ペタっとして澄ました顔をしていた生地が本来のふんわり感を取り戻してとってもナチュラルでカジュアルな雰囲気に。これはもう本当にシンプルなカタチがいいかもしれない…ということで、ボタンも何もないコートが出来上がりました。

好きな分量で前を重ねてブローチやキルトピンをつけるもよし、何もつけずに羽織るだけもよし。ボタンがある方がいいなぁ~という方にはご相談させていただきますのでご遠慮なくお申し付けくださいね。

IMGP96390-2


深紫色のワンピース

image

急に冷え込むようになりました。ここのところちょくちょく降る雨のお陰で庭の草木が生き生きしているのはとても嬉しいことなのですが、降る度に空気がまた一段と冷たくなってきていてあぁ、こうやって季節が変わるんだなと思うと暑くて暑くて暑かった夏がちょっとだけ恋しくなりました。

そんな中でやっぱり秋にも似合う濃色の紫色リネンのワンピースのご紹介です。「やっぱり秋にも」というのは、夏にこのリネンをご紹介した際に「夏の思い出のおハナシ」をして、紫色は夏の色とお伝えしておりました。んが!秋ですよね。もちろん秋に似合わない訳がないですよね。ついでに言うと絶対に冬に身に付けるのもきっと美しいです。そして春だけは「お休みしとこうっか」という感じでしょうか。

すとんとしたシンプルで綺麗なAラインに太すぎず窮屈感のないストレート袖で、着回ししやすい定番の人気ワンピース。白いシャツ、薄手のタートル、チノパンツ、白のボトム…

ウールの軽くて長め丈の羽織りものも、この冷んやりした空気にはぴったりですね。

image


濃紺のテントラインワンピース

85875309-3934-4EBE-9541-176291535E6A

8年目やん!って昨晩湯船で気が付いて、アルキメデスみたいにお風呂で叫んでおりました。そうですよね、丸7年を経ていれば8年目ですわね。前回の投稿をご覧になった皆さま、ツッコミ入れてくださいました?

まあ相変わらずゆるっとした感じのままこんな具合で色々やり替えてる途中なので、このHPもまだまだツッコミどころが残っていまして、カレンダーが出たり引っ込んだりリンク先が行ってほしい所に行かなかったりしております。しばらくご迷惑をおかけいたしますが、出来るだけ早くスッキリさせたいと思っておりますのでお許しくださいませ。よろしくお願いいたします。

そんな中でオーダーをいただいていたワンピースが出来ました。濃紺のコットンリネンツイルで作ったワンピースです。しっかりと目の詰まった生地ながら手触りはしっとり柔らかくて、丈夫なのに優しい雰囲気の頼もしいヤツです。

これからの季節、中に白いシャツを着たりタートルのインナーや薄手のセーターを合わせたりと着回しに大活躍してくれるシンプルワンピース。これから他の生地でも作る予定です。

6D2107C0-F976-4FE0-AC14-E38680D515E3


ダークネイビーのTブラウス

IMGP9516-2

大好きなこのリネンとのお別れがやってきてしまいました。以前にワンピースを作って以来、残ったハギレを何とか活かせないだろうかとパターンをぐるぐる回して何度もパズルをやった成果が実り、晴れてTブラウスの完成!なのですが、これでもうこのリネンはおしまい。

最近こちらの生地でのオーダーをお受けして生地を探していたのですが、もうどこにも見つかりませんでした。あんなに沢山あったのに、良いモノというのはすぐになくなってしまうんですね。もっとストックしておけば良かったと思っても後の祭りなのでした…

まぁボヤいていても仕方がないので、気を取り直してリネン服のご紹介といきますね!人気のTブラウスをこのダークネイビーのシャンブレーリネンで作りました。よく見ると深い紺色と濃い青の二色のリネン糸で織られていて、「濃い紺色」に見えるその表情にはとても一言では言い表せない何とも言えない深~い魅力があって見蕩れてしまうほど。ワタクシも自分用に欲しくて仕方がないのですが、「お客サマが先!」と自重して眺めるだけにしております。

シンプルにぱっと被るとちょっといい雰囲気がささっと纏えるTブラウス。美しくカッコいいリネンの魅力を引き出すのにぴったりのデザインだなぁと感心してしまいます。我ながら。

このリネンはのものはワンピースとTブラウスの二点です。ぜひ手に取ってご覧ください。

IMGP9520-2

さて10月の営業日カレンダーを更新いたしました。

10月28日は金剛山麓のアトリエfu-kaで、「村のヒュッテ」開催ですよー。そちらのお知らせはまた後日改めて詳しくお知らせいたしますね。

 


ダークネイビーの美しリネンのブラウス

IMGP9483-2

写真できちんとお伝えできているでしょうか?ワタクシんとこでもPCとipadとでは全然色味が違うので、おそらくほとんど真っ黒に見える、とか、濃い青紫?とか濃いグレーじゃないのかな、とか色んな見え方をしてるかもしれません。

ですが、タイトルの通り「ダークネイビー」です。青みは少しだけですが、やっぱりネイビーです。とても上品でお行儀が良くて由緒ありげな雰囲気を霧のように纏った、とてもとても美しいダークネイビーのリネンで、ギャザースモックブラウスを作りました。

このリネンはとっても薄地で、おそらく以前お話しした#60番手のリネン糸で織られた生地だと思われ、濡れているのかな?と思えるほどのつやっつやの艶感とやんわりとした張りがあって、ほんとにほんとに美人顔のリネンなのです。

60番手とあって、薄地で透け感もあるので秋に突入したこの季節に作るような服ではないのですが、待てませんでした。来年の暖かくなってくる季節までこのリネンを眠らせておくことなど出来ませんでした。何と言っても放っておけないほどの美人さんなのですから!

そんな具合でおのれの裁縫欲の赴くままに、もう9月のオープンが終わったことなどお構いなしに縫物をぼちぼちやっております。オープンは昨日で終わってしまったけど、この三連休はお天気が良ければお店開けるんだけどなーという淡い楽しみも台風が吹き飛ばしてしまい、10月1日のオープンまでお店はしばらくお休みです。

次のオープンの時にはちょっとした模様替え、もしくはお色直し?みたいなことを計画中ですので、また9月の後半の間にそろーっとお知らせいたします。その際は、今このブログをご覧いただいている皆さまにはちょーっとお手数をおかけしてしまったり、あれ?って思わせてしまうようなところもあるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。


秋色ギャザーチュニック

IMGP9400-2

いやはや随分放ったらかしにしてしまった感がありますが、その間に季節が移り変わりましたねー。夏の終わりを告げる「寺内町燈路」があり、秋雨の始まりのような曇り空の日があり、蝉たちの声がしない朝があり。

空気が涼しくなってきたので縫物もそろそろ再開です。夏の間はアイロンを使うのが暑すぎて控えて(というより無理!)いたのですけども、我慢できるくらいにはなってきましたし。

さっそく秋の入り口に使いまわししやすい、ノースリーブの秋色リネンチュニックを作りました。ダークチョコレートのような濃茶色のしっとりとしたツヤとハリのあるリネンで、インナーと羽織モノの組み合わせで色々コーディネートしやすいかと思います。

外に出るとまだまだ恐ろしいくらいに暑いのですが、これくらいの時期に秋の色を身にまとって出かけて、夕方涼しくなってきた頃合いに「あぁ、やっぱりもう秋ね~」なんて言ってみるようなことをしてみたいです。

明日9月1日(金)~15日(金)は9月のオープンです。お近くへお出かけの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。


レモンストライプのFブラウス&出張linoguのお知らせ

IMGP0880-2

どうです、この可愛らしさといったら!と言っても、ちょっと写真が暗くてあまり可愛さがお伝えしきれてないのが残念…

さらっと軽やかで手触りの柔らかい、とても上質なフレンチリネンのレモン色のストライプの生地が手に入りました。この可愛さとポップさを最大限生かすべく、フレンチスリーブのブラウスを作ろうと心に決めました。

フレンチスリーブが最大に可愛いのかどうかは「ワタクシの頭の中」限定でなのでそこの議論は置いといて、二の腕出ちゃうけど絶対フレンチスリーブにしようと決めて、サンプルを幾つか作って品定め。腕を隠したい方はぜひカーディガンを羽織っていただきたい。

今のところ、この袖口切り替えパターンがいいかなぁという感じなのですがひょっとするともう少しシンプルなものに作り替えるかもしれません。とりあえずコレはコレでとても可愛いので店頭デビュー決定!です。

さて、kinogu展示室は本日で7月のオープンが終わります。

そして8月いっぱい展示室は例年通りお休みいたします。

そしてそして、例年通りお隣の手仕事と雑貨23番地.さんにて

出張linogu in 23番地.」を開催!

期間は7月22日(土)~8月25(金)です。

期間中にも夏のリネン服をちょこちょこと納品する予定です。ぜひ23番地さんでlinogu服をご覧くださいませ。レモンちゃんも並びますので実物の可愛らしさを見てやってくださいね。


ふわふわギャザーシャツ

IMGP9282-2

どうやら人気者になりそうなミニ千鳥格子のギャザープルオーバーシャツ。あちこちからあれいいねーとのあり難いお言葉をいただいておりまして、もう梅雨明けかな?という猛暑の中でせっせと作っています。

今まで色んな生地で服を作ってきましたが、これが一番ふわふわひらひらかもしれません。コットンリネンということもあってホントにふわふわ。

軽やかで透け感があってとても薄いのに、千鳥格子の黒×白というカラーのおかげできちんとした感じと透け過ぎない安心感みたいのがあって、おでかけの時に場所を選ばず着て行けそうです。


モーブ色のTブラウス

image

写真でお伝えできているでしょうか?モーブ色というのを調べると、グレーがかった紫色で、mauveというのはフランス語でアオイの花色のことだそうです。

でもアオイの写真を見てみると…。違ーう!と叫ばずにいられません。だってものスゴくハッキリきっぱりバッチリした紫ピンク色なんですもん。モーブっていうコトバの響きから感じるワタシのイメージからかけ離れた色してるんですもん。

そんな、本当はくっきりはっきりしてるらしいモーブという色名のついた、ピンクがかった薄いグレーもしくは、グレーがかった薄いピンクのクタクタ柔らかリネンで作ったTブラウスです。

色味を花に例えると、アンティークローズなんてのが優しくて柔らかでしっとりしていてぴったりくるように思うんですが、どう思われます?

ちょっと甘めの色味なので着にくいかも?と思いながら試着してみましたが大丈夫。

前髪に白いものがちらほら見えるニンゲンが着ると、可愛いというより渋味の方がたってカッコいい感じになるように思いますので、こんな色のもの着たことがないなーという方も一度ぜひお試しになってみてください。

image

 

 


深紫色のTブラウス

image

ずいぶん前にもお話ししたことがあるんですけども。

むかーし昔その昔、リネンのお洋服づくりのヒトはピアノを習ってる小さい女の子だったのですね。そんでもって「発表会」という晴れ舞台に、一度だけ、何故かは判らないけどたった一度だけ、発表会の舞台に上がったことがありました。(なんで一回だけなんだろう?6年間通ってたのに⁇)

それは遠い夏の日の出来事で、細っこくて真っ黒に日焼けした女の子(自分)が着てた紫色のノースリーブのドレスの残像が脳にくっきり焼き付いてしまって、どうしても紫色は夏の色というイメージが抜けないのでした。紫って秋とか冬にも合うんですけどね…

そんな具合なので、断然白のスカートや白のワイドパンツなんかで足元をキメていただいて、夏の深紫をぜひ楽しんでいただきたく。

その際は、ものスゴく暑い日でも涼しいお顔でどうぞ。

image