「 craft 」一覧

秋色&青のモザイクプレート

IMGP9425-2

まだまだ暑くて縫物の手が進まず、それを言い訳に更新まで滞りがちですが、仕事を進める意欲のあるお方はしっかりご自分のお仕事をぐいぐいとやっておられるんですね!

ガラス作家のハマダミナコさんが、人気のモザイク模様のプレートを持ってきてくださいました。しかも今回は何とも鄙びて乾いた色あいの秋色あじさいのような姿で、「○○色」とひとことで言えない曖昧カラーが本当に素敵なのです。

ご覧になった方がよく、これ何に使うの?とお尋ねになるんですが、ガラスなので基本は何にでも使えます。今までお持ち帰りくださった方はお香立て、おやつのプレート、晩酌の肴を並べる・・・などなど様々にご利用くださっているご様子。

中には「何にも入れずにただ眺めてるのー」という方もいらっしゃって、激しく賛成なのです。


秋色ギャザーチュニック

IMGP9400-2

いやはや随分放ったらかしにしてしまった感がありますが、その間に季節が移り変わりましたねー。夏の終わりを告げる「寺内町燈路」があり、秋雨の始まりのような曇り空の日があり、蝉たちの声がしない朝があり。

空気が涼しくなってきたので縫物もそろそろ再開です。夏の間はアイロンを使うのが暑すぎて控えて(というより無理!)いたのですけども、我慢できるくらいにはなってきましたし。

さっそく秋の入り口に使いまわししやすい、ノースリーブの秋色リネンチュニックを作りました。ダークチョコレートのような濃茶色のしっとりとしたツヤとハリのあるリネンで、インナーと羽織モノの組み合わせで色々コーディネートしやすいかと思います。

外に出るとまだまだ恐ろしいくらいに暑いのですが、これくらいの時期に秋の色を身にまとって出かけて、夕方涼しくなってきた頃合いに「あぁ、やっぱりもう秋ね~」なんて言ってみるようなことをしてみたいです。

明日9月1日(金)~15日(金)は9月のオープンです。お近くへお出かけの際は、ぜひお立ち寄りくださいね。


白 x カーキのモザイクプレート

IMGP9302-2

現在展示室は月後半のお休み中で、8月になっても26日の「じないまち燈路」まで夏のお休みをいただきますので(お店が暑すぎるのです!)、まあ何と言いますか~、ひとことで言うとその~、あれなんですよ、夏休み。

でもでも、夏休みだからって遊んでばっかりじゃあないのですよ?

お隣の23番地.さんで「出張 linogu」をやらせていただいてますし、真夏にいいかなぁなんてアイテムを作り足して納品したりなんかする予定なのでお仕事もちゃんと裏でやっておりますです。

さてそんななか、友人でガラス作家のハマダミナコさんが遊びに来てくれて作品を置いていってくださいました。気泡がたくさん入った半透明のベースに白やベージュやカーキ色のモザイク模様が額のように縁取っている、とても美しい姿のプレートです。

タイトルにありますように、カーキ色のガラスのカケラが静かで落ち着きのある存在感で、これを眺めていると土色系統の色味大好き人間のワタクシは心がとっても穏やかになります。

光にかざした姿も美しく。

IMGP9304-2

 

縁回りのモザイクがしっかりめのと細めのと、2種類ありますが、どっちがいいかな~と一人で眺めまわして楽しんでおります。

8月の終わりまで展示室はお休みですが、ブログでご紹介している品物に関しましてはお電話やメールなどでお問い合わせいただけましたらお答えさせていただきますし、ご購入に関しましても対応させていただいております。

お気に召されましたらお気軽にお問い合わせくださいませね。

IMGP9297-2

IMGP9294-2


レモンストライプのFブラウス&出張linoguのお知らせ

IMGP0880-2

どうです、この可愛らしさといったら!と言っても、ちょっと写真が暗くてあまり可愛さがお伝えしきれてないのが残念…

さらっと軽やかで手触りの柔らかい、とても上質なフレンチリネンのレモン色のストライプの生地が手に入りました。この可愛さとポップさを最大限生かすべく、フレンチスリーブのブラウスを作ろうと心に決めました。

フレンチスリーブが最大に可愛いのかどうかは「ワタクシの頭の中」限定でなのでそこの議論は置いといて、二の腕出ちゃうけど絶対フレンチスリーブにしようと決めて、サンプルを幾つか作って品定め。腕を隠したい方はぜひカーディガンを羽織っていただきたい。

今のところ、この袖口切り替えパターンがいいかなぁという感じなのですがひょっとするともう少しシンプルなものに作り替えるかもしれません。とりあえずコレはコレでとても可愛いので店頭デビュー決定!です。

さて、kinogu展示室は本日で7月のオープンが終わります。

そして8月いっぱい展示室は例年通りお休みいたします。

そしてそして、例年通りお隣の手仕事と雑貨23番地.さんにて

出張linogu in 23番地.」を開催!

期間は7月22日(土)~8月25(金)です。

期間中にも夏のリネン服をちょこちょこと納品する予定です。ぜひ23番地さんでlinogu服をご覧くださいませ。レモンちゃんも並びますので実物の可愛らしさを見てやってくださいね。


ふわふわギャザーシャツ

IMGP9282-2

どうやら人気者になりそうなミニ千鳥格子のギャザープルオーバーシャツ。あちこちからあれいいねーとのあり難いお言葉をいただいておりまして、もう梅雨明けかな?という猛暑の中でせっせと作っています。

今まで色んな生地で服を作ってきましたが、これが一番ふわふわひらひらかもしれません。コットンリネンということもあってホントにふわふわ。

軽やかで透け感があってとても薄いのに、千鳥格子の黒×白というカラーのおかげできちんとした感じと透け過ぎない安心感みたいのがあって、おでかけの時に場所を選ばず着て行けそうです。


モーブ色のTブラウス

image

写真でお伝えできているでしょうか?モーブ色というのを調べると、グレーがかった紫色で、mauveというのはフランス語でアオイの花色のことだそうです。

でもアオイの写真を見てみると…。違ーう!と叫ばずにいられません。だってものスゴくハッキリきっぱりバッチリした紫ピンク色なんですもん。モーブっていうコトバの響きから感じるワタシのイメージからかけ離れた色してるんですもん。

そんな、本当はくっきりはっきりしてるらしいモーブという色名のついた、ピンクがかった薄いグレーもしくは、グレーがかった薄いピンクのクタクタ柔らかリネンで作ったTブラウスです。

色味を花に例えると、アンティークローズなんてのが優しくて柔らかでしっとりしていてぴったりくるように思うんですが、どう思われます?

ちょっと甘めの色味なので着にくいかも?と思いながら試着してみましたが大丈夫。

前髪に白いものがちらほら見えるニンゲンが着ると、可愛いというより渋味の方がたってカッコいい感じになるように思いますので、こんな色のもの着たことがないなーという方も一度ぜひお試しになってみてください。

image

 

 


夏のガラスプレート

IMGP9249-2

もうかれこれ20年来の友人、ガラス作家のハマダミナコさんの作る「夏のプレート」が展示室にやってまいりました。

今年の「夏プレート」はフロストタイプのブルーで涼し気な出来上がり。右は昨年の「夏プレート」でクリアなタイプだったので、「涼しそう」にも色々個性があるんだな…といった具合でしょうか。

プレートなので何かを載せるのが本業だと思いますが、このままこの涼しそうな表情を眺めていたい気分です。

 

さて展示室には夏プレートが2枚入荷したのですが、作者のハマダミナコさんが参加されている「明日香のどこかでガラス展」には、ウチでも人気のモザイクシリーズの姿が!

先日のお休みの日に「画廊 飛鳥」さんをお訪ねしてきまして、ハマダさんの作品やその他のガラス作家さんの作品を鑑賞してきましたのですよ。みなさんそれぞれに工夫を凝らし、様々な技法でカタチづくられたガラス作品たちが並んでおりました。ハマダさんの作品は展示室にはないタイプのものがあり、モノトーンのプレートがカッコ良かったなぁ。

興味を持たれた方はぜひぜひ!近くの農産物直売所で買ったトマトがものすごく美味しかったので、それもぜひ。

IMGP0775-2


深紫色のTブラウス

image

ずいぶん前にもお話ししたことがあるんですけども。

むかーし昔その昔、リネンのお洋服づくりのヒトはピアノを習ってる小さい女の子だったのですね。そんでもって「発表会」という晴れ舞台に、一度だけ、何故かは判らないけどたった一度だけ、発表会の舞台に上がったことがありました。(なんで一回だけなんだろう?6年間通ってたのに⁇)

それは遠い夏の日の出来事で、細っこくて真っ黒に日焼けした女の子(自分)が着てた紫色のノースリーブのドレスの残像が脳にくっきり焼き付いてしまって、どうしても紫色は夏の色というイメージが抜けないのでした。紫って秋とか冬にも合うんですけどね…

そんな具合なので、断然白のスカートや白のワイドパンツなんかで足元をキメていただいて、夏の深紫をぜひ楽しんでいただきたく。

その際は、ものスゴく暑い日でも涼しいお顔でどうぞ。

image


ミニ千鳥のギャザープルオーバーシャツ

IMGP9215-2

むしむしとした梅雨模様の日が続きますが、涼し気に夏を過ごせないかな~と思いながら、色違いのふわふわひらひらギャザーシャツを製作。

今年の夏の新アイテム、作ると皆さまに手に取っていただける人気のギャザーシャツ。真っ白のリネンで作ったものは鉄板ですが、以前から手元にあったこの生地のことを思い出して引っ張り出し、作ってみました。

この生地はコットンリネンの極小の黒の千鳥柄で、うっすら向こうが透けて見えるとても軽やかな生地。ワッシャー加工が施されているのでくしゃっとしたシワがついていて、薄手ですがとっても風情のある表情をしています。

モノトーンなのでクールで落ち着いた感じになるのかな…と思っていましたが、クラシカルな千鳥格子が醸し出す甘い雰囲気が、可愛らしさを引き出してくれているように思います。

ボリュームのある白のボトムや、逆に細身の黒のパンツなどにあわせて、夏のモノトーンコーデにどうぞ。

IMGP9216-2


少しでも爽やかに

IMGP9195-2

ぐずぐず梅雨本番ですね。どんより、しとしと、ぱらぱらとすっきりしない毎日が続いています。ちょっとひんやりする雨の日は息がしやすくて好きなのですが、蒸し暑いのは難儀ですねぇ。縫物も何をするのもいやになってしまいます。

そんなやる気の出ない時間を何とかやり過ごしながら作ったTブラウス。せめて見るものくらい爽やかなものを見ていたい…ということで透明感のあるホワイトリネンで。

夏本番までの間の、梅雨の晴れ間のからっとしたお天気のお出かけにいかがでしょう。

 

雨が降ってじめじめして、身体も気分も重い梅雨ですが、あじさいが綺麗に咲いて色が移ろって変化を楽しめて、こんなに楽しい季節はありません。思う存分楽しんだあとは、うまくドライになってくれないかな~と乾かし中。

IMG_1151-2