※1日~4日、7日臨時休業

「 vintage 」一覧

Sarregueminesのオクトゴナルプレート

IMGP9985-2

縁のパール装飾が美しい陰影を生み出すオクトゴナル(八角形)プレート。

丸い窪みに置いたものを美しく囲む八角形のリムは、中に置いたものを静かに優しく包んで引きたててくれます。

こちらのサルグミンヌ(sarreguemines)窯のオクトゴナルは、バックスタンプのタイプから1920-1950年の間に作られたと思われる比較的新しいもの。

主に18世紀からフランスで作られていたオクトゴナルのプレートは、古いものはファイアンスフィーヌと呼ばれる陶器のもので、その性質ゆえに脆く、とても貴重で見かける機会が大変少ないです。

少し時代が進んで半陶半磁のテールドフェールが作られるようになるとオクトゴナルも沢山作られましたので、現代でも手に入りやすく状態も比較的美しい、日常使いできるヴィンテージとして人気があります。

今回入荷しましたのはこの半陶半磁のタイプで普段使いにも十分耐えられる良い状態のもの。とはいえこちらも既に50年くらいは時を経ているものであり、そういった古いものが持つ静かな佇まいを見ていると、この上に何を載せて楽しもうかとあれこれ想像が膨らみます。

来月にとても楽しみにしているテリーヌドショコラが届くので、ワタクシの場合はそれを一番最初に載せたいと思います。

IMGP9979-2

 


明日から12月

IMGP9727-2

気付けば明日からもう12月。一年の最後の月の12月。今年の総決算の12月。あー今年自分は一体何を成し得たであろうと振り返ってみても何も浮かばない12月(しつこい)。とりあえず元気でいてるということで良しとして前に進みたいと思います。

そんな進歩のない店主とは違ってどんどん新しい作品を創って届けてくださるハマダミナコさんから、寒い季節のテーブルにとっても似合いそうな落ち着いた渋い色合いの小さなプレートが届きました。

深い森の樹木や土を想わせるダークオリーブやカーキグリーンの中に、雪の白、実の赤を想わせる小さなカケラが散った小さな小さなプレート。小さなアクセサリーを置いたりキャンドルホルダーにしてもいい雰囲気。

クリスマスや冬のテーブルコーディネートを楽しむアイテムとして、古いランプやミモザのリースの絵柄の仏製アンティークプレートなども入荷しています。

明日12月1日~17日までの12月のオープンに、ぜひお立ち寄りくださいませね。

 


明後日から10月のopenです

image

今日は雨が降ったり止んだりのせいか、久しぶりに空気がひんやり。

自転車で走るとひんやり空気の中に金木犀がふっと香りました。

毎年初めて金木犀を感じる時は、いつもひんやりしている気がします。

 

さて明後日から10月の展示室openです。

いつもは15日までですが今月は16日の日曜日までで、いつも通り

火曜日はお休みです。

涼しくなってくると何が嬉しいって食べるのが更に楽しくなること。

ご飯にお野菜にあったかいものに甘いもの!

秋になって更に楽しくなるお茶の時間のお供アイテムを

ほんのちょっとですが展示室に並べてお待ちしておりまーす。