「 日々種々 」一覧

1月のお知らせとご報告とご挨拶

IMG_20191228_124212

2019年がおしまいに近づいてきました。

12月のお店のオープンが終わり、その次の日に和歌山の扉さんでの小さな展示会が終わり、大きな課題を終えてほっとした12月も気づけばもうあと数日を残すのみです。いただいたオーダーの品や、ご来店下さる方に楽しんでいただけるよう店頭のものなどを作りながら静かに毎日が過ぎています。久しぶりに何度も山へも出かけました。しっかり充電もできましたので、お正月三が日はお休みをいただいて四日からオープンする予定です。

また、とてもささやかではありますが皆さまにお買い上げいただいたlinogu服の売り上げの一部を「未来の福島こども基金」に寄付させていただきましたことをご報告いたします。いままでも毎年年末にはどちらかの団体様へ寄付をさせていただいていて、自分が山や川などの自然の中で過ごすことが好きなのでここ数年は福島のこどもたちが沖縄でのびのびと外で過ごして保養するというこのプロジェクトを応援させていただいています。体内の放射性物質を減らすには、外で思いっきり何も我慢せず遊ぶことで免疫力が高くなるのだそう。お外は気持ちいいですもんね。

たまにはきちんとご報告しなくちゃと思いついたのですが寄付というのはそっとお伝えすることなんじゃないかなと思うので、こちらのブログのみでそっとご報告ということで。

本年はありがとうございました。2020年もよろしくお願いいたします。


雛めぐり12年

image

毎年お向かいの陶工房飛鳥さんで作らせていただいている干支のお雛様は、今年はイノシシ。

じないまちにある重要文化財、旧杉山家の横手にひっそりと置かれた臼の中に飾るために土雛を作りましょうということになった12年前、さてどんなふうに?と考えたのが干支の雛。

その年の気分や雰囲気が出せて、しかもテーマを毎回考えないで済むというワタクシのちょっとした手抜きもありつつ干支雛作りがはじまりました。初めがたまたまネズミでそれから一年に一度の干支雛作りをその時その時に淡々とさせていただいていましたが、今年のイノシシに至ってこうして一巡すると何やらやっぱり感慨深いものがあります。

なんと言いますか、こうして振り返る歳月は正にいと疾し。

そんなこんなで丸12年の雛めぐりは3月9日(土)10日(日)の2日間です。よろしければお立ち寄り下さいませ。

12年前の雛めぐりの日に今のお店の場所の話がスタートしたのを今でも良く憶えていまして、今年もここで雛めぐりを迎えられることが、静かにとてもありがたいことだなと思います。

image


飛ぶのと歩くのと

IMGP9887-2

千鳥格子のTブラウスです。不思議なもので、作ったばかりのものには新しいものの気配、というものが漂っているらしくなぜかすぐに旅立っていくのでした。それですぐに同じものを作ったのです。

ところでこの連続モチーフの千鳥さんたち、どっち向いてるかお判りになりますか?クチバシと両翼が突き出ているので、その部分が上か下かで向きが判るのですけども、この写真の千鳥たちは左下向き。つまりクチバシが左下向きで両翼が右上を向いています。

いちおうね、調べてみました。クチバシが上向きで服を作るのが正しいそうで、つまりこのブラウスは生地の裏側で作ったことになるのですが、生地の表裏に差はないので要は柄の向きだけが正否のポイントなのです。

なのでこれは常識では「間違い」で、右上向きで右肩上がりなのが正しいそうなんですけどもね。いつも上向いて上目指して右肩上がりで飛んでなきゃなんないなんて、ずぅーっと緊張を強いられてシンドイだけじゃないのかな、と急に思ってしまったのです。

なのでせめてユル~い服の柄くらい、なんか落ちてないかなー、あー、お花咲いてるー、とか言いながら足元見てちょこちょこ歩く千鳥の方がいいなーと思って左下向き。いつもいつも上を目指してなくてもいいよね、の気持ちで。

もちろん縁起のいい右上向きでのオーダーも承りますですよ。

IMGP9886-2


こと始め

image

年が明けてはや6日。いつも通りの日常を取り戻してほっとしております。

お店は本日よりオープンです。朝から雪がちらほら舞って、鈍い色の重たそうな空が広がっていますが「普通の毎日」が始まって今朝は清々しい気分。ものすごく寒かったけど朝から元気に河川敷を走ってきたので身体も軽く。

縫い物しながらぼちぼちお店を開けておりますので、近くへ来られた際は寄ってくださーい。


「村のヒュッテ」in 八尾、でした

IMG_20171028ヒュッテ1

IMG_20171028ヒュッテ2

IMG_20171028ヒュッテ3

IMG_20171028ヒュッテ4

IMG_20171028ヒュッテ5

10月28日の土曜日、台風の影響による雨風の対応策として、八尾は河内山本駅前にあるレンタルスペースyamamotoさんを急遽お借りして無事に「村のヒュッテ」を開催!

当日はやっぱり雨降りの一日でしたが大雨になることはなく、街中での開催ということもあったと思うのですが沢山の方が遊びに来てくださいました。大雨ではないとはいえ足元の悪い中、傘をさしてわざわざ「ヒュッテ」にお出かけ下さった方がこんなにもいらっしゃるんだーと本当に胸が熱くなりました。

少しでも「村のヒュッテ」を感じていただこうと、中にテントを立ててこじんまりとした山小屋気分を演出する案が出たので朝から皆んなで設営しました!お山の気分、出てますでしょうか?カウンターからは挽きたてのコーヒーのいい香りが漂い、次々とオーダーが入ってお客様のもとへ運ばれる美味しいピタサンドに美味しいチーズケーキたち。思い思いの手づくりの品々も、お越しくださった方々にじっくりとご覧いただくことが出来ました。始まるまでは色々と気を揉みましたが本当に楽しい一日でしたー。

「ヒュッテ」のフライヤーをデザインしてくださったり、動物たちや花々の素敵なイラストに刺繍作品と本当に多彩な才能をお持ちのmacokumaさんが、ご自身のブログで当日のヒュッテの様子を詳しく書いてくださっているので、良かったらこちらも覗いてみてください↓
しろくま工房 写真がとっても素敵で、macokumaさんの優しい視点からのヒュッテの様子がレポートされていまーす。帰って来てからpieni alkuさんのコーヒーとマコクマさんの琥珀糖をお伴に楽しい思い出に浸っている午後なのでした。

さてそんな10月が終わって明日からは、kinogu 「木の器2017」です!久しぶりにkinogu さんの新作の器たちが並びます。お近くへお越しの際は、ちょろっとお立ち寄りくださいね。


日々のあれこれ

IMGP9386-2

今朝は夏の空とは思えないほどどんよりした曇り空。

身体の調子が良い感じになるので週に2度ほど走っていて、今日は小雨に降られて雨にも汗にもぐっしょり濡れてしまいましたが8月の体調整え月間のおかげか元気いっぱいに過ごしております。

ハリに通ったり自分でお灸を据えてみたり、普段ゆっくりできないことを色々やれているおかげかとても体調が良く、快調!な日々。やたらと目覚めが良くなったのは体調のおかげか年齢のせいかはさだかではないんですけどもね。

ずっと前から何かの役に立てたかったアケビの籠の縁編みをやり直して自転車に取り付けてみたりもしました。さしずめ夏休みの自由工作といったところでしょうか。これで普段の買い出しの重い食料も肩が凝らずに運べます!

before

before

after

after

 

そんなこんなで暑い毎日が過ぎて行ってしまうのですが、ときどき縫物も。ストライプのサルエルパンツを「出張linogu」開催中の23番地.さんにお届けしたりもしています。

imgp7402

次のオープンは寺内町寺内町燈路の8月26日(土)。さてそれまで、次は何をしよっかな?


夏のガラスプレート

IMGP9249-2

もうかれこれ20年来の友人、ガラス作家のハマダミナコさんの作る「夏のプレート」が展示室にやってまいりました。

今年の「夏プレート」はフロストタイプのブルーで涼し気な出来上がり。右は昨年の「夏プレート」でクリアなタイプだったので、「涼しそう」にも色々個性があるんだな…といった具合でしょうか。

プレートなので何かを載せるのが本業だと思いますが、このままこの涼しそうな表情を眺めていたい気分です。

 

さて展示室には夏プレートが2枚入荷したのですが、作者のハマダミナコさんが参加されている「明日香のどこかでガラス展」には、ウチでも人気のモザイクシリーズの姿が!

先日のお休みの日に「画廊 飛鳥」さんをお訪ねしてきまして、ハマダさんの作品やその他のガラス作家さんの作品を鑑賞してきましたのですよ。みなさんそれぞれに工夫を凝らし、様々な技法でカタチづくられたガラス作品たちが並んでおりました。ハマダさんの作品は展示室にはないタイプのものがあり、モノトーンのプレートがカッコ良かったなぁ。

興味を持たれた方はぜひぜひ!近くの農産物直売所で買ったトマトがものすごく美味しかったので、それもぜひ。

IMGP0775-2


あじさいの楽しみ

image

梅雨の欝陶しさをしばし忘れさせてくれるあじさいの爽やかさもさることながら、何が楽しみってこのドライになっていく過程での色変わりの美しさ。花びらが渇きはじめたので枝から伐って干し始めました。

変化に富んでてどれも同じものはなく豊かで気まぐれで見飽きないその姿を見んがために、夏は水をきらさず、秋は剪定に頭を悩ませ、冬、春と大事に見守り続け一年を経て、ようやく今日という日を迎えるのです!

咲きはじめはあんなに爽やかなスカイブルーのエンドレスサマーが、こんなに複雑で不思議な魅力に溢れた花に生まれ変わるなんて。

ほんとにこのあじさいは花付きが良くって毎年咲いてくれて、しかもこんなにも素敵な姿を惜しげもなく披露してくれて、大好きで大好きなあじさいなのです。

 

さてあじさいの話で幾分加熱しすぎましたが、ちょっとだけおしらせです。

7月5日(水)は都合により臨時休業させていただきます。間際で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


あじさい仕事

IMGP9177-2

お店のオープンが終わったので、縫物を休んで庭仕事をせっせとやっております。それにしてもほんとにね、いつ雨が降るんですかね~。

庭のあじさいたちは、地植えも鉢植えもみーんなうなだれ気味。毎日水やりをしてますがなんだか本当に何もかも乾燥していて、家の下を流れる石川も全然水がなく、申し訳程度にちょろちょろと流れるばかり。

来年のために挿し木をしてますが、こんなに空気が乾いていたら湿気が好きなあじさいたちが根っこを出せないんじゃないかとひやひやしています。

うまく育って、来年たくさん咲かせられるといいんだけどなぁ。

IMGP9175-2

これは今咲いてるエンドレスサマー。少し色変わりが始まって青から紫へ。まだまだこれから変化するのが楽しみ。

来月のカレンダーをアップしました。来月は17日の月曜日が海の日の祭日なので、ちょっとだけオープン日を延長しまーす。


森の中の集い

IMGP0645-2

こんな素敵なところって、あるんですね。

人里離れた緑濃い森の中に小さな白い建物があって、葉陰が写るテラスから続く入口には野の花があしらわれ、中の白いカーテンが心地良さそうに爽やかな5月の風に揺れているー。

ここ、ワタクシの妄想の産物ではなくて実際に生駒にあるんですよ。先日ここで素敵な集まりがあって、仲間の旅立ちを見送る&新しいスタートを祝う、Wサプライズごはん会に参加したのです。そんな集まりでもなければ多分訪れることのない、ワタクシにはおシャレ過ぎるくらいのとてもとても素敵な場所でした。

たまにはこんな所でのんびり食事できるような、落ち着いた素敵な大人になりたいもの…と、帰ってきてしみじみ思ったものです。

さて、明日から6月のスタートですね。いたって普通にいたって静かにいつも通りじないまち城之門筋南端でお店を開けております。咲き始めたあじさいも入口に飾ってます。

 

お出かけの続き…

IMGP0647-2

IMGP0707-2

IMGP0690-2