「 日々種々 」一覧

あしあとたどれば

image

お隣の23番地.さんには、足あとがてんてんてん…とあちらこちらに。

19日まで、色んなあしあと作品が並んでますよー。

 

よく見ると床の上にも…。

目に自信のある方は探してみては?


あじさい -ババリアー

IMGP7265-2

お店のカウンター上に飾ってあるあじさい、「ババリア」。

白い縁取りが澄ました印象のおしゃまさんです。

昨年の剪定がヘタクソだったせいで、咲いてくれたのは一輪だけ。

その大事な一輪を、お客様が「おしゃれなあじさいね~」とホめて下さいました。

 

ところがですね、時間が経つとヒトもあじさいも変わるもんなんですね。

色変わりして妙に凛々しくなるという不思議。

IMGP6134-2

昨年の夏のババリア


憩いのひととき

IMGP2649-2

昨日は道明寺天満宮手づくりの市に参加させていただいて、

とても充実した楽しい一日でした。

たくさんのお客様と友達と、お久しぶり!の友達にも出会えてほんとに楽しくて。

そんなてんこ盛りの一日が終わって、ほっとしてどっと疲れて。

 

疲れてはいるのですが気持ちのいい場所へ行きたいなーと思い、金剛山へ。

昨日一緒に出展したfu-kaさんのアトリエから入るお気に入りのコースを歩いてきました。

山は雨上がりの潤いたっぷりの清清しい空気に包まれていて、月曜日のヘンに

遅い時間ということもあって誰にも会わず、とても静か。

湿気を含んだ空気をいっぱい取り込んで、カラダがよみがえりました。

さぁて明後日からは6月のオープンが始まるし、準備するとしよう。

IMGP2628-2

 


あじさい -エンドレスサマー-

IMGP7196-2

今日の空はどんよりとした曇り空。

時折り雨粒がぱらっと落ちてくる不安定なお天気です。

そんなお天気だと生き生きするのがあじさいたち。

このあじさいは「エンドレスサマー」という新芽咲きのあじさいで、

どんなにヘタクソな切り戻しをしてもちゃんと毎年咲いてくれる優等生。

今年も真っ青の清清しい花をつけてくれました。

 

さて明日は道明寺天満宮手づくりの市の開催日なので、出展に備えて朝から色々準備中。

天気予報は、開催時間中はなんとか持ちこたえそう?な具合ですが

場所や時間の変更があるかもしれないので当日朝にHPで確認とのこと。

 

雨に降られるとリネン服たちにはよろしくないので困りものですが、

明日連れて行くエンドレスサマーたちは雨を楽しみにしているかも、なんて

思ったりしています。

 

 


愛が止まらない

IMGP7137

「アヒデガジナ+ハーフミラネサ」。

ワタクシが愛して止まないラソスさんの定番メニューです。

白ごはんを優しく覆う、クリーミーで少しスパイシーなソース「アヒデガジナ」。

その存在で全体を可愛らしく彩るスライスゆでたまご。

ソースの中にそっと潜んでコクと甘みを演出するスライスポテトのソテー。

そして、アヒデガジナをいただくなら絶対にONして欲しい

ニンニクの香りとレモンの酸味がワタクシの食欲を極限までそそるチキンカツ「ミラネサ」。

 

ワタクシが愛して止まないご近所贅沢ごはんで、ここでお昼ごはんを食べるために

頑張って服を縫っていると言ってもいいくらいなのです!

それを語り始めると自分でもよくこんなに盛り上がれるね、と思うくらい

熱くなってしまうのです!!

 

辛いのはちょっと苦手(とはいってもアヒデガジナはそれほど辛くないのですが)

という方には、「アロスコンマリスコス」というシーフードごはんがおすすめ。

海の幸の旨みがたっぷり、レモンを絞ってすっきり、な美味しいごはんですヨ。

IMGP7139


あじさい -舞子-

IMGP7134-2

今年もあじさいが咲き始めました。

ウチの庭のあじさい一番手さんは、小さな山あじさいの「舞子」。

ピンポン球くらいの大きさの淡い紫色の花がぽんぽんぽんと咲いて、

とても可愛らしい姿です。

山あじさいの仲間ということもあってか、咲いてる姿がとても涼しげで

葉も花も小さくて可愛らしく、見ているだけで頬が緩みます。

 

さて、6月の第二土曜日は「あじさいめぐり」。

じないまちの民家や店先に色とりどりのあじさいを並べ、

訪れる方々に雨の降るじないまちの風情を楽しんでいただこうという趣向です。

早咲きのこの子は6月第二土曜日の日程にあわないので

だいぶ前から地植えにして庭で一人で楽しんでいるのですが、

この可愛らしさをお見せできないのが残念。

 

 

 


ネーブルレモンジャム

IMGP7123

まー何といっても柑橘類が好きで、甘夏だ文旦だ瀬戸内レモンだという文字に滅法弱い。

言うなればシトラシアン。

 

近所のマメトコナさんで「ネーブルレモンジャム」というのを見つければ

もちろん朝の食卓に仲間入りです。さっそくヨーグルトに乗っけてみました。

 

あっさりとした甘みでネーブルの風味とレモンの酸味が爽やかに広がる、

暑い季節にぴったり、なジャム。

小さな贅沢です。

 

 

 


チャレンジング

手づくりの市チャレンジ

まずやってみよう、っていうのが好きです。

もちろんよくよく考えて、失敗してもものすごく大変なことにはならないよね?

という判断がついてからのことですが、いつまでも考えてるよりやってみよ!と動く。

まあ勢いはあるんだけどね、とはよく言われますが。

 

それはともかく、自分がそんなんなのでチャレンジングな人々が大好きです。

5/29日の道明寺天満宮手づくりの市に参加させていただくのですが、

市の主催者、宮井さんお二人のチャレンジにワクワクしております。

それが、”道明寺天満宮手づくりの市”を伝えるBOOKをつくりたい! です。

ご興味がある方はぜひご覧あそばせ~。

 

*画像は「READYFOR」からお借りしました。

 

 

 


陶工房 飛鳥ワークショップ at スタンダードブックストアあべの

昨日、お向かいの飛鳥さんの出張ワークショップのお手伝いに行ってきました。

「おてしょ」という小皿を1名3枚ずつ作っていただくワークショップです。

IMGP7079-2

濡れタオルを被せられてスタンバイ中の土。

 

まず、「たたら」という製法で小皿の切り出し。

IMGP7081-2

 

そのあと、色土で模様を描く「象嵌(ぞうがん)」。

IMGP7088-2 IMGP7085-2

 

そして、型に沿わせて丸みをつける「成型」をして、

裏に銘を入れて端が下がらないように土で作ったヒモの輪っかで支えて出来上がり。

IMGP7090-2

 

参加者の皆さん、それはそれは集中して模様作りを楽しんでおられました。

ワタクシはといえば慣れないアシスタント業務で変な緊張をいたしましたが、

巨大なキャラメルソース入りのチーズケーキに心はほどけてお腹はいっぱい。

周りにお客様方がいらっしゃるカフェでのワークショップのお手伝いという、

貴重な体験をさせていただきました。

 


ひといき

IMGP7065

「ひといき」、大事ですよね。

家事の合間にひといき。

縫い物の合間にひといき。

仕事の合間にひといき。

 

今日のひといきのお供は、明日香村の直売所で見つけた地元産レモンのミニパウンドケーキ。

レモンアイシングにダイスアーモンドが散らしてある素敵なビジュアル!

レモンの爽やかな酸味が効いていて、いただくと元気が湧いてきます。

 

ひといき、といえば休日には山や公園など緑のあるところへよく出かけるのですが

先日行ってきた明日香村の甘樫の丘はほんとに素敵でした。

もともと蘇我馬子さん入鹿さん親子のおうちがあったとこだそうですが、

ほぼ、ワタクシが子供の頃から思い描いている「理想の家」の理想的な立地。

丘の上で森の中で周りから離れていて静かで遠くを見渡すことが出来て、

庭を散歩してひといき入れるにもぴったり。

こんなとこに家を建てたなんて、羨ましい限りです。