「 日々種々 」一覧

いきいき

image

3週間ほど前には最初の芽を2つほど顔を出していただけだったシノブが、

もうこんなにわさわさぼうぼうと葉を茂らせてツヤツヤいきいきとしています。

 

植物たちと接していると、彼らの途方もないエネルギーに驚嘆を覚えずにはいられません。

敬愛するカレル・チャペック師匠も言うように

「あんなに弱々しかった芽がこんなに大きくなるなんて!」の連続で、

それが精魂込めて世話をしている植物なら

その驚嘆は大いなる喜びと充実感をもたらしてくれるのですが、

全く歓迎することのできない植物たち(つまり雑草)に対する

驚嘆は、ため息と徒労感へと変わっていきます。

庭仕事は、ややマゾ気を必要とするように思えてなりません。

 

 


カップのヒミツ

image

連休明けで雨の降る静かな平日。

お向かいの陶工房 飛鳥さんへちょっと走って覗いてきました。

 

「100CUPS」2016を15日まで開催中で、

1〜100のシリアルナンバー付きの色々なカップがずらり。

中でも気になったのが、丸い模様のついた下の白いカップ。

 

このコ達のヒミツ、わかります?

作り方を伺って面白いなぁと感心いたしました。

ところでピータンに見えるのはワタクシだけ?


「ろ」のつく野菜

IMGP2511-2

ロケットとかロメインレタスとか・・・。

自分で買うことがほとんどない、ちとお高めのお野菜を山盛りもらったので

お昼ご飯にがっつりいただきました。

食べることに真剣に取り組む我が家では、パスタが茹で上がると

とにかく黙って熱々をワシワシ食べるのがお作法となっておりますので、

いつもいつもあっという間に食べ終わるのでした。

 

ところでたまには相方のkinoguさんのプロダクトのご紹介をば。

ティーマのオーバルプレートの下のがサクラのティープレートで、

ランチやティータイムの折敷として使える小さめプレートです。

グラタン皿などを載せるにも重宝するのでありました。

 

ちなみに何がオススメって、このホーローのフォークがいいんですねー。

つるっとした舌触りで、パスタをつるっと食べるのにぴったり。

金気が気になってしまう時にイイ仕事するんです。

ただ悲しいことに、取り落とすと欠けるんですよ。泣く泣く何度も買い替えしてます。


インコに目薬

image

子供の頃、目がかゆくて掻いたりすると、

「目、かいたらアカンよ!」と注意されたりしたものです。

バイキンが入るからダメと。

 

羽の生えた家族の目の周りの羽毛がハゲて、何やらコワイ見た目

になってきたので病院へ連れて行くと、どうやら掻きすぎて

結膜炎になって、もっと症状が進んで

ケンガンエンとやらに進行してるとのこと。

それで目薬を1日3回さしてやってねということでした。

 

ちいさいちーいさいインコの目にですよ?

目薬さすったって、さしたところでコロコロ〜と薬が

転がって逃げてしまうのですが、果たして効いてるだろーかと

思っていましたが症状が回復してきたので効いてるようです。

 

これからはとても細かい作業の例えとして、

「インコに目薬さすよーなもん」と表現したいと思います。

目薬さされたインコのビックリ顔、可愛すぎて笑えます。

計算したら、50ccの水を目にかけたくらいの感じになるようで、

そりゃビックリしますよね。


すくすく

image3週間ほど前でしたでしょうか。

昨年の秋ごろに鉢植えのしのぶを買って

育てていたのを、「吊りしのぶ」の形に

作りましたのですよ。

その頃にはもう新芽も出ていたんですが、

針金やら糸やらでグルグル巻きにしてる間に

ぽろぽろと芽が取れてしまって可哀想なことに…

 

ゴメンよーゴメンよーとせっせと水やりをして、ようやく元気な新芽を出してくれました。

これで一安心ですが、これを枯らさないように育てられるかどうかがまた一大事で

ありまして、気づくとぽすぽすに乾いてしまっていて、「!」と慌ててバケツに

とっぷり漬けてやっても時すでに遅し…という事を何度繰り返したことか。

今度こそちゃんと世話をして、10年しのぶに育てたいと思っています。