黒ペーパーコードのベンチ

IMGP1657-3

不思議なもので、一度オーダーを頂いたものは何の関わりもないところから再びオーダーを頂いたりして同じものを作ることがあったりします。先日kinogu さんはナチュラルカラーのペーパーコードで編んだベンチを作ったばかりなのですが、またまたベンチのオーダーを頂きました。今回は黒のコードでのリクエストです。

今回のオーダーは、ナラ無垢材に無色オイル塗装の枠x黒のペーパーコードという明暗がくっきりハッキリした色合いの組み合わせ。

木の持つ色そのままの枠にナチュラルカラーのペーパーコード…というのは本当に何というかナチュラルで安心、安定感があってそれはそれは生活空間に優しく馴染んでくれるのでとても気持ちいい組み合わせなのですが、ナチュラルx黒というのがこれまたカッコ良くてですね。ワタクシも大好きな組み合わせなのです。黒のコードといっても真っ黒ではなくチャコールグレーぐらいの黒なので、少しかすれたような色合いがとてもいい雰囲気。

もし自分がオーダー出来る立場になったらどうしよう…!多分決められません。決めることが出来ないので両方作ってもらっちゃいますね。ま、作ってもらえるなんてことはこの先ないと思いますけども。

IMGP1618-2

やっぱり新作家具をチェックせずにいられない我が家の黒犬は、撮影していると周りをうろうろ。匂いを嗅ぐふりをしながら鼻スタンプを押そうとするので、しないで、と言うとそんなつもりはないよとばかりに遠いところを見てごまかしてます。

 


しましまボートネックチュニック

image

今年もこの、ウールのボートネックチュニックの季節がやってきました。チュニック一番手は見つけて即買い!したグレーxネイビーのとってもアクティブな印象のしましま。これは間違いなく好きな感じに仕上がるだろうなと思ってはいましたが、もう大好き。これ。

グレーの部分がちょっとミックスのグレーになった色合いがまたいい雰囲気で、暖かいけど重くなくふんわりしたウール地なのでチュニックとしても軽く仕上がりました。

カタチは定番のシンプルなAラインチュニックで、ボートネック、膝丈、5分袖というとにかく軽く動きやすく使い回ししやすくと考えて作ったパターン。これからの寒い季節に色々組み合わせて楽しめる賢いヤツです。

image


毛布みたいなシンプルコート

IMGP9638-2

寒の戻り、という言葉はよく聞きますが暑の戻りというのは聞き覚えがなく。とフロシキは広げたもののその先が思いつかないのでこれにて冒頭のご挨拶は終了いたしまして、この暑の戻りによる暑さの中、まるで毛布のようなコートを縫っておりました。

しっかりした厚みのある暖かそうな色合いのウール地が手に入りましたのでよしきた!コートだ!!と思いたち、洗いをかけたらきっともっとふわふわになっていい風合いになるに違いないと思って慎重に洗いました。

すると、ペタっとして澄ました顔をしていた生地が本来のふんわり感を取り戻してとってもナチュラルでカジュアルな雰囲気に。これはもう本当にシンプルなカタチがいいかもしれない…ということで、ボタンも何もないコートが出来上がりました。

好きな分量で前を重ねてブローチやキルトピンをつけるもよし、何もつけずに羽織るだけもよし。ボタンがある方がいいなぁ~という方にはご相談させていただきますのでご遠慮なくお申し付けくださいね。

IMGP96390-2


ペーパーコードのベンチ

IMGP1562-2

オーダーをいただいてkinoguさんが制作したペーパーコードのベンチです。木枠はナラの無垢材にクリアカラーの塗装を施して、座面は日本製ペーパーコードでしっかりと編まれています。

塗装はエゴマ油と蜜蝋ベースの安全な材料を使ったもので、木を余分な塗膜で覆わず汚れや傷みなどから守ってくれます。ペーパーコードは撥水性を持たせて強く撚り合わせたしっかりしたもので、毛羽立ちが少なく撚りが強く表面の艶がしっかりあって、座り心地や質感が長持ちして丈夫なものを選んで使っています。

1つあると家のあちこちで使いまわせて便利なベンチ。座面が紙で、木枠は出来る限りシンプルに軽やかに組んであるので本体自体がとても軽く、家の中で移動するのも簡単。

ダイニングに、玄関に、ちょっとしたスペースに便利なベンチです。

IMGP1557-2

 

*10月15日(日)は通常オープンの予定でしたが、急用で臨時休業いたします。なにとぞご了承くださいますようよろしくお願いいたします。


深紫色のワンピース

image

急に冷え込むようになりました。ここのところちょくちょく降る雨のお陰で庭の草木が生き生きしているのはとても嬉しいことなのですが、降る度に空気がまた一段と冷たくなってきていてあぁ、こうやって季節が変わるんだなと思うと暑くて暑くて暑かった夏がちょっとだけ恋しくなりました。

そんな中でやっぱり秋にも似合う濃色の紫色リネンのワンピースのご紹介です。「やっぱり秋にも」というのは、夏にこのリネンをご紹介した際に「夏の思い出のおハナシ」をして、紫色は夏の色とお伝えしておりました。んが!秋ですよね。もちろん秋に似合わない訳がないですよね。ついでに言うと絶対に冬に身に付けるのもきっと美しいです。そして春だけは「お休みしとこうっか」という感じでしょうか。

すとんとしたシンプルで綺麗なAラインに太すぎず窮屈感のないストレート袖で、着回ししやすい定番の人気ワンピース。白いシャツ、薄手のタートル、チノパンツ、白のボトム…

ウールの軽くて長め丈の羽織りものも、この冷んやりした空気にはぴったりですね。

image


濃紺のテントラインワンピース

85875309-3934-4EBE-9541-176291535E6A

8年目やん!って昨晩湯船で気が付いて、アルキメデスみたいにお風呂で叫んでおりました。そうですよね、丸7年を経ていれば8年目ですわね。前回の投稿をご覧になった皆さま、ツッコミ入れてくださいました?

まあ相変わらずゆるっとした感じのままこんな具合で色々やり替えてる途中なので、このHPもまだまだツッコミどころが残っていまして、カレンダーが出たり引っ込んだりリンク先が行ってほしい所に行かなかったりしております。しばらくご迷惑をおかけいたしますが、出来るだけ早くスッキリさせたいと思っておりますのでお許しくださいませ。よろしくお願いいたします。

そんな中でオーダーをいただいていたワンピースが出来ました。濃紺のコットンリネンツイルで作ったワンピースです。しっかりと目の詰まった生地ながら手触りはしっとり柔らかくて、丈夫なのに優しい雰囲気の頼もしいヤツです。

これからの季節、中に白いシャツを着たりタートルのインナーや薄手のセーターを合わせたりと着回しに大活躍してくれるシンプルワンピース。これから他の生地でも作る予定です。

6D2107C0-F976-4FE0-AC14-E38680D515E3


7年目の始まり

kinotesHP扉

2010年10月にkinogu 展示室がオープンして早いものでもう7年。なんか、色々なことに挑戦したり仕事に追いまくられたり頑張ってみたり諦めてみたり諦めきれずにもいっかいやってみたりで、長いようであっという間の7年ですよ、えぇ。

ここまでやってきてみて、こうだったらいいなとか、も少しああするといいんじゃないかな、とか思うところがちょっとずつありまして、そんな色々を詰め込んでパワーアップを目指しつつ、新しい一歩を踏み出してみることにいたしました。

2017年10月1日より、
kinotes  craft & vintage  始めます。

今までとびっくりするくらい何も変わりません。いつも通り、店主のlinogu こと小倉尚美がお待ちしております。

相方kinogu の椅子や木の器たち、愛すべき友人ハマダミナコやモリタカオリの手仕事の器たち、ワタクシを魅了して止まない時を経たヴィンテージのオブジェやクラフト。そして季節にあわせてせっせとワタクシが作りますリネンやウールやコットンの日常着を揃えて、ひっそりちんまりと皆さまをお待ちいたしております。

7年間、本当にありがとうございます。
そして、これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

kinotes  craft & vintage (キノーツ クラフトアンドヴィンテージ) 店主
linen clothing linogu こと 小倉尚美


ダークネイビーのTブラウス

IMGP9516-2

大好きなこのリネンとのお別れがやってきてしまいました。以前にワンピースを作って以来、残ったハギレを何とか活かせないだろうかとパターンをぐるぐる回して何度もパズルをやった成果が実り、晴れてTブラウスの完成!なのですが、これでもうこのリネンはおしまい。

最近こちらの生地でのオーダーをお受けして生地を探していたのですが、もうどこにも見つかりませんでした。あんなに沢山あったのに、良いモノというのはすぐになくなってしまうんですね。もっとストックしておけば良かったと思っても後の祭りなのでした…

まぁボヤいていても仕方がないので、気を取り直してリネン服のご紹介といきますね!人気のTブラウスをこのダークネイビーのシャンブレーリネンで作りました。よく見ると深い紺色と濃い青の二色のリネン糸で織られていて、「濃い紺色」に見えるその表情にはとても一言では言い表せない何とも言えない深~い魅力があって見蕩れてしまうほど。ワタクシも自分用に欲しくて仕方がないのですが、「お客サマが先!」と自重して眺めるだけにしております。

シンプルにぱっと被るとちょっといい雰囲気がささっと纏えるTブラウス。美しくカッコいいリネンの魅力を引き出すのにぴったりのデザインだなぁと感心してしまいます。我ながら。

このリネンはのものはワンピースとTブラウスの二点です。ぜひ手に取ってご覧ください。

IMGP9520-2

さて10月の営業日カレンダーを更新いたしました。

10月28日は金剛山麓のアトリエfu-kaで、「村のヒュッテ」開催ですよー。そちらのお知らせはまた後日改めて詳しくお知らせいたしますね。

 


ダークネイビーの美しリネンのブラウス

IMGP9483-2

写真できちんとお伝えできているでしょうか?ワタクシんとこでもPCとipadとでは全然色味が違うので、おそらくほとんど真っ黒に見える、とか、濃い青紫?とか濃いグレーじゃないのかな、とか色んな見え方をしてるかもしれません。

ですが、タイトルの通り「ダークネイビー」です。青みは少しだけですが、やっぱりネイビーです。とても上品でお行儀が良くて由緒ありげな雰囲気を霧のように纏った、とてもとても美しいダークネイビーのリネンで、ギャザースモックブラウスを作りました。

このリネンはとっても薄地で、おそらく以前お話しした#60番手のリネン糸で織られた生地だと思われ、濡れているのかな?と思えるほどのつやっつやの艶感とやんわりとした張りがあって、ほんとにほんとに美人顔のリネンなのです。

60番手とあって、薄地で透け感もあるので秋に突入したこの季節に作るような服ではないのですが、待てませんでした。来年の暖かくなってくる季節までこのリネンを眠らせておくことなど出来ませんでした。何と言っても放っておけないほどの美人さんなのですから!

そんな具合でおのれの裁縫欲の赴くままに、もう9月のオープンが終わったことなどお構いなしに縫物をぼちぼちやっております。オープンは昨日で終わってしまったけど、この三連休はお天気が良ければお店開けるんだけどなーという淡い楽しみも台風が吹き飛ばしてしまい、10月1日のオープンまでお店はしばらくお休みです。

次のオープンの時にはちょっとした模様替え、もしくはお色直し?みたいなことを計画中ですので、また9月の後半の間にそろーっとお知らせいたします。その際は、今このブログをご覧いただいている皆さまにはちょーっとお手数をおかけしてしまったり、あれ?って思わせてしまうようなところもあるかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。


秋色&青のモザイクプレート

IMGP9425-2

まだまだ暑くて縫物の手が進まず、それを言い訳に更新まで滞りがちですが、仕事を進める意欲のあるお方はしっかりご自分のお仕事をぐいぐいとやっておられるんですね!

ガラス作家のハマダミナコさんが、人気のモザイク模様のプレートを持ってきてくださいました。しかも今回は何とも鄙びて乾いた色あいの秋色あじさいのような姿で、「○○色」とひとことで言えない曖昧カラーが本当に素敵なのです。

ご覧になった方がよく、これ何に使うの?とお尋ねになるんですが、ガラスなので基本は何にでも使えます。今までお持ち帰りくださった方はお香立て、おやつのプレート、晩酌の肴を並べる・・・などなど様々にご利用くださっているご様子。

中には「何にも入れずにただ眺めてるのー」という方もいらっしゃって、激しく賛成なのです。