リネンウールのロングワンピース

image

この季節にぴったりの素敵な生地を手に入れました。ほっこりとした手触りのリネンウールの千鳥格子の布で、くなくなと柔らかくて空気を含んだ手触りを感じるだけであったかい気分になれそうです。

寒い季節には長めのワンピースが気分かな…ということで、いつものテントラインワンピースの丈を少し長めに作りました。ワタクシの背丈ですと(155㎝)、ミドル丈のブーツがちょうどいいくらいの塩梅に。

ウールのストールをぐるっと巻いてお出かけなんぞににいかがでしょう。

image

 


「村のヒュッテ」in 八尾、でした

IMG_20171028ヒュッテ1

IMG_20171028ヒュッテ2

IMG_20171028ヒュッテ3

IMG_20171028ヒュッテ4

IMG_20171028ヒュッテ5

10月28日の土曜日、台風の影響による雨風の対応策として、八尾は河内山本駅前にあるレンタルスペースyamamotoさんを急遽お借りして無事に「村のヒュッテ」を開催!

当日はやっぱり雨降りの一日でしたが大雨になることはなく、街中での開催ということもあったと思うのですが沢山の方が遊びに来てくださいました。大雨ではないとはいえ足元の悪い中、傘をさしてわざわざ「ヒュッテ」にお出かけ下さった方がこんなにもいらっしゃるんだーと本当に胸が熱くなりました。

少しでも「村のヒュッテ」を感じていただこうと、中にテントを立ててこじんまりとした山小屋気分を演出する案が出たので朝から皆んなで設営しました!お山の気分、出てますでしょうか?カウンターからは挽きたてのコーヒーのいい香りが漂い、次々とオーダーが入ってお客様のもとへ運ばれる美味しいピタサンドに美味しいチーズケーキたち。思い思いの手づくりの品々も、お越しくださった方々にじっくりとご覧いただくことが出来ました。始まるまでは色々と気を揉みましたが本当に楽しい一日でしたー。

「ヒュッテ」のフライヤーをデザインしてくださったり、動物たちや花々の素敵なイラストに刺繍作品と本当に多彩な才能をお持ちのmacokumaさんが、ご自身のブログで当日のヒュッテの様子を詳しく書いてくださっているので、良かったらこちらも覗いてみてください↓
しろくま工房 写真がとっても素敵で、macokumaさんの優しい視点からのヒュッテの様子がレポートされていまーす。帰って来てからpieni alkuさんのコーヒーとマコクマさんの琥珀糖をお伴に楽しい思い出に浸っている午後なのでした。

さてそんな10月が終わって明日からは、kinogu 「木の器2017」です!久しぶりにkinogu さんの新作の器たちが並びます。お近くへお越しの際は、ちょろっとお立ち寄りくださいね。


土曜日は「村のヒュッテ」

※開催場所が変更になりました
台風による雨と風の影響が、お山だと大変なことになるかも!ということで、急遽八尾市の河内山本駅前にある”レンタルスペースyamamoto“さんで「村のヒュッテ」を開催することになりました。こちらは完全に屋内になりますので雨でも風でも、ゆっくりと落ち着いて楽しんでいただけると思いますよー。

 

ピタパン&ポタージュスープ

りんごづくしプレート

美味しそうでございましょ?のそら工房さんと焼き菓子多福さんのコラボプレート。
10月28(土)に開催される「村のヒュッテ」でのカフェメニューです。

◆ランチ…ピタパンとポタージュ (北海道のカボチャとソーセージ)

◆デザート…りんごのチーズケーキ&りんご煮

今回は予約は取らずに、ランチ35セットとデザート30セットで売り切れ次第終了なんだそうです。焼き菓子などは沢山用意されるようですので、限定のデザートが終了してもpieni alkuさんのコーヒーと一緒にお茶の時間を楽しめそうですよ。

 

楽しみといえば、macokumaさんの和菓子!刺繍にキャンドルにお料理にイラスト制作と、幅広い制作活動をされている多才なマコクマさんは、今回は和菓子を持ってきてくださいます。

お芋のきんつば三種「いもきんトリオ」と「ほうじ茶と生姜の琥珀糖」。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どちらもコーヒーによくあうと思うので、焼き菓子も沢山あるとなると、お芋か琥珀糖かはたまた焼き菓子か…とおやつ選びに悩みそうですね。お土産にするもよし、お山のテラスでゆっくり味わうというのも捨てがたいし。

そしてアトリエの中ではennさんの素敵な草木染めの布のもの、キタイリカさんの陶芸作品が沢山並びますし、季節の植物をアレンジした小さなオブジェや紙モノを作っておられるcentさん、今回は何を持って来られるのかな…。

どれもじっくり手に取って眺めたいものばかりで、ワタクシは昨年手に入れたennさんの素敵なウールのストールを巻いていこうと楽しみ!と自分の楽しみばかりです。

kinoguさんの木の雑貨やプレート、linoguのウールやリネン服も並ぶ1日だけのお山のマルシェ、お天気が少し心配ですが、ぜひぜひお越しくださいねー。


あったかベージュのハーフコート

image

やっとこさお日様が顔を出してくれましたね。雨降りは嫌いじゃないけど、こう毎日毎日続くと困りもの。普段通りのワンとのお散歩や日々の暮らしが戻ってきて一安心ですが、まだまだ風が強くて油断はできなさそうです。

さて、そんな台風の日曜日に作ったハーフ丈あったか羽織りものが出来上がりました。ちょっと前に作ったコートと同じデザインで、生地が残り少なかったのでハーフ丈に仕上げてみました。

長めの丈のものは身に付けるととても存在感があってカッコいいけど、車に乗ったり脱いで手に持ったりする時にちょっとカサが高くなってしまうのよね…そんな時に気軽に羽織れてジャマにもなりにくい、カジュアルで使い勝手のいいワンマイルコートです。

さて今週の28日(土)は「村のヒュッテ」です!

千早赤阪村の陶芸家キタイリカさんのアトリエfu-kaで、1日だけの小さなマルシェが開催されますよー。

ワタクシも、このコートやウールやリネンの服を持って参加いたします。秋に染まるお山の1日をぜひお楽しみくださいまし。

image


11月1日~15日 「木の器 2017」 

IMGP9577-2

kinogu 「木の器」展 11月1日~15日(火曜休)

 

塊の無垢の木を削ってお椀をカタチ作り、漆を塗って仕上げた木の器。

大・小とカタチの揃った器や、ひとつひとつ違った表情の木の器たちがお店に並びます。

kinogu さんの前回の「木の器」展から3年経ちました。3年前は「お皿」がテーマでしたが今回のテーマは「お椀」です。

前回の「器」展から今回の「器」展の間に「碗と椀」という、お向かいの陶工房 飛鳥さんとの合同展を開催いたしましたが、その際の「器」はオイルフィニッシュのものでした。

今回は漆を染み込ませた仕上げのものがメインになっていて、水気に強くてより丈夫な器になっています。試作品を普段づかいとして使わせてもらっていますが、手触りが良くって汁物やサラダにも気兼ね無く使えてとても調子がいいです。

でも何が嬉しいってその手触り。すべすべさらさらと、とても心地いいのです。ぜひ手に取ってご覧ください。

IMGP9573-2


ウールのVネックワークワンピース

IMGP9657-2

冬が近づくと作りたくなる、Vネックワークワンピース。もともとはリネンで作り始めて、ワンピースみたいに着てエプロンのように使ってもらえる便利な日常着として作ったものなのです。

ところが毛足の長いフカフカのウール地で作ってみるととても暖かくて、おうち着としてもちょっとしたお出かけ着としても結構使いまわせるね、ということで、気に入ったウールが手に入ると毎年作る冬の定番服となりました。

暖かな色味と手触りの柔らかい、前々回にアップしたコートと同じウールで、この定番の冬ワンピースを作りました。フカフカと暖かくて柔らかくて、生地違いでワタクシも着ておりますが背中やお尻がとてもあったかでオススメです。

IMGP9654-2


黒ペーパーコードのベンチ

IMGP1657-3

不思議なもので、一度オーダーを頂いたものは何の関わりもないところから再びオーダーを頂いたりして同じものを作ることがあったりします。先日kinogu さんはナチュラルカラーのペーパーコードで編んだベンチを作ったばかりなのですが、またまたベンチのオーダーを頂きました。今回は黒のコードでのリクエストです。

今回のオーダーは、ナラ無垢材に無色オイル塗装の枠x黒のペーパーコードという明暗がくっきりハッキリした色合いの組み合わせ。

木の持つ色そのままの枠にナチュラルカラーのペーパーコード…というのは本当に何というかナチュラルで安心、安定感があってそれはそれは生活空間に優しく馴染んでくれるのでとても気持ちいい組み合わせなのですが、ナチュラルx黒というのがこれまたカッコ良くてですね。ワタクシも大好きな組み合わせなのです。黒のコードといっても真っ黒ではなくチャコールグレーぐらいの黒なので、少しかすれたような色合いがとてもいい雰囲気。

もし自分がオーダー出来る立場になったらどうしよう…!多分決められません。決めることが出来ないので両方作ってもらっちゃいますね。ま、作ってもらえるなんてことはこの先ないと思いますけども。

IMGP1618-2

やっぱり新作家具をチェックせずにいられない我が家の黒犬は、撮影していると周りをうろうろ。匂いを嗅ぐふりをしながら鼻スタンプを押そうとするので、しないで、と言うとそんなつもりはないよとばかりに遠いところを見てごまかしてます。

 


しましまボートネックチュニック

image

今年もこの、ウールのボートネックチュニックの季節がやってきました。チュニック一番手は見つけて即買い!したグレーxネイビーのとってもアクティブな印象のしましま。これは間違いなく好きな感じに仕上がるだろうなと思ってはいましたが、もう大好き。これ。

グレーの部分がちょっとミックスのグレーになった色合いがまたいい雰囲気で、暖かいけど重くなくふんわりしたウール地なのでチュニックとしても軽く仕上がりました。

カタチは定番のシンプルなAラインチュニックで、ボートネック、膝丈、5分袖というとにかく軽く動きやすく使い回ししやすくと考えて作ったパターン。これからの寒い季節に色々組み合わせて楽しめる賢いヤツです。

image


毛布みたいなシンプルコート

IMGP9638-2

寒の戻り、という言葉はよく聞きますが暑の戻りというのは聞き覚えがなく。とフロシキは広げたもののその先が思いつかないのでこれにて冒頭のご挨拶は終了いたしまして、この暑の戻りによる暑さの中、まるで毛布のようなコートを縫っておりました。

しっかりした厚みのある暖かそうな色合いのウール地が手に入りましたのでよしきた!コートだ!!と思いたち、洗いをかけたらきっともっとふわふわになっていい風合いになるに違いないと思って慎重に洗いました。

すると、ペタっとして澄ました顔をしていた生地が本来のふんわり感を取り戻してとってもナチュラルでカジュアルな雰囲気に。これはもう本当にシンプルなカタチがいいかもしれない…ということで、ボタンも何もないコートが出来上がりました。

好きな分量で前を重ねてブローチやキルトピンをつけるもよし、何もつけずに羽織るだけもよし。ボタンがある方がいいなぁ~という方にはご相談させていただきますのでご遠慮なくお申し付けくださいね。

IMGP96390-2


ペーパーコードのベンチ

IMGP1562-2

オーダーをいただいてkinoguさんが制作したペーパーコードのベンチです。木枠はナラの無垢材にクリアカラーの塗装を施して、座面は日本製ペーパーコードでしっかりと編まれています。

塗装はエゴマ油と蜜蝋ベースの安全な材料を使ったもので、木を余分な塗膜で覆わず汚れや傷みなどから守ってくれます。ペーパーコードは撥水性を持たせて強く撚り合わせたしっかりしたもので、毛羽立ちが少なく撚りが強く表面の艶がしっかりあって、座り心地や質感が長持ちして丈夫なものを選んで使っています。

1つあると家のあちこちで使いまわせて便利なベンチ。座面が紙で、木枠は出来る限りシンプルに軽やかに組んであるので本体自体がとても軽く、家の中で移動するのも簡単。

ダイニングに、玄関に、ちょっとしたスペースに便利なベンチです。

IMGP1557-2

 

*10月15日(日)は通常オープンの予定でしたが、急用で臨時休業いたします。なにとぞご了承くださいますようよろしくお願いいたします。