あじさい -エンドレスサマー-

IMGP7196-2

今日の空はどんよりとした曇り空。

時折り雨粒がぱらっと落ちてくる不安定なお天気です。

そんなお天気だと生き生きするのがあじさいたち。

このあじさいは「エンドレスサマー」という新芽咲きのあじさいで、

どんなにヘタクソな切り戻しをしてもちゃんと毎年咲いてくれる優等生。

今年も真っ青の清清しい花をつけてくれました。

 

さて明日は道明寺天満宮手づくりの市の開催日なので、出展に備えて朝から色々準備中。

天気予報は、開催時間中はなんとか持ちこたえそう?な具合ですが

場所や時間の変更があるかもしれないので当日朝にHPで確認とのこと。

 

雨に降られるとリネン服たちにはよろしくないので困りものですが、

明日連れて行くエンドレスサマーたちは雨を楽しみにしているかも、なんて

思ったりしています。

 

 


曇り空色のギャザーチュニック

IMGP7147

今日は朝から爽やかな風が吹く、気持ちいい晴れのお天気ですが

これから曇り空が続くのでお洗濯するには困りもの。

ですが、何となく気分が落ち着く曇りの日は居心地が良くて

家でじっとしてる分にはむしろ好きなくらい。

 

そんな曇り空の色のリネンでギャザーチュニックを作りました。

少しベージュ色混じりの青みのないグレーで、地味すぎず

落ち着いているので着やすい色め。

デニムとも黒や白の基本色にもあわせやすくてアクセサリーも

映える上品な感じなので、普段着はもとより

カーディガン羽織ってちょっとしたお出かけにも重宝するかと思います。

 

ワタクシも愛用しておりますので、カブるのやだなという方は

ご用心くださいませ。

IMGP7148


愛が止まらない

IMGP7137

「アヒデガジナ+ハーフミラネサ」。

ワタクシが愛して止まないラソスさんの定番メニューです。

白ごはんを優しく覆う、クリーミーで少しスパイシーなソース「アヒデガジナ」。

その存在で全体を可愛らしく彩るスライスゆでたまご。

ソースの中にそっと潜んでコクと甘みを演出するスライスポテトのソテー。

そして、アヒデガジナをいただくなら絶対にONして欲しい

ニンニクの香りとレモンの酸味がワタクシの食欲を極限までそそるチキンカツ「ミラネサ」。

 

ワタクシが愛して止まないご近所贅沢ごはんで、ここでお昼ごはんを食べるために

頑張って服を縫っていると言ってもいいくらいなのです!

それを語り始めると自分でもよくこんなに盛り上がれるね、と思うくらい

熱くなってしまうのです!!

 

辛いのはちょっと苦手(とはいってもアヒデガジナはそれほど辛くないのですが)

という方には、「アロスコンマリスコス」というシーフードごはんがおすすめ。

海の幸の旨みがたっぷり、レモンを絞ってすっきり、な美味しいごはんですヨ。

IMGP7139


あじさい -舞子-

IMGP7134-2

今年もあじさいが咲き始めました。

ウチの庭のあじさい一番手さんは、小さな山あじさいの「舞子」。

ピンポン球くらいの大きさの淡い紫色の花がぽんぽんぽんと咲いて、

とても可愛らしい姿です。

山あじさいの仲間ということもあってか、咲いてる姿がとても涼しげで

葉も花も小さくて可愛らしく、見ているだけで頬が緩みます。

 

さて、6月の第二土曜日は「あじさいめぐり」。

じないまちの民家や店先に色とりどりのあじさいを並べ、

訪れる方々に雨の降るじないまちの風情を楽しんでいただこうという趣向です。

早咲きのこの子は6月第二土曜日の日程にあわないので

だいぶ前から地植えにして庭で一人で楽しんでいるのですが、

この可愛らしさをお見せできないのが残念。

 

 

 


ネーブルレモンジャム

IMGP7123

まー何といっても柑橘類が好きで、甘夏だ文旦だ瀬戸内レモンだという文字に滅法弱い。

言うなればシトラシアン。

 

近所のマメトコナさんで「ネーブルレモンジャム」というのを見つければ

もちろん朝の食卓に仲間入りです。さっそくヨーグルトに乗っけてみました。

 

あっさりとした甘みでネーブルの風味とレモンの酸味が爽やかに広がる、

暑い季節にぴったり、なジャム。

小さな贅沢です。

 

 

 


もひとつストライプ

IMGP7105

続けて同じ綿麻のストライプ生地でギャザープルオーバーブラウスを作りました。

白襟が元気で爽やか、そしてちょっと華やかに見せてくれるのがウリの、

人気定番ブラウスです。

 

広がりすぎないゆったり身頃と風通しのいいストレートの7分袖なので

なんといっても涼しく、Tシャツを着るよりも涼しく過ごせます。

日除けアイテムとして、冷房対策としても重宝するオススメさん。

今年こそ自分用を作ろうと思っております。

 

IMGP7104


ストライプのギャザーチュニック

IMGP7100

コットンリネンのさらっとした薄手の生地で、ギャザーチュニックを作りました。

画像では少し薄めの色に写っていますが、実際は濃いネイビー地x白の変わりストライプ。

さっぱりとカッコいい雰囲気なので甘めのデザインのチュニックが

カジュアルで着易い感じに仕上がっています。

 

ノースリーブの袖ぐりは、一枚で着れるようにあまり開きすぎないようにしていますが

薄手のTシャツをインに着るのもOK。

ボトムは白パンツが爽やかでおすすめですが、ショートパンツもいいかもです。

IMGP7099


チャレンジング

手づくりの市チャレンジ

まずやってみよう、っていうのが好きです。

もちろんよくよく考えて、失敗してもものすごく大変なことにはならないよね?

という判断がついてからのことですが、いつまでも考えてるよりやってみよ!と動く。

まあ勢いはあるんだけどね、とはよく言われますが。

 

それはともかく、自分がそんなんなのでチャレンジングな人々が大好きです。

5/29日の道明寺天満宮手づくりの市に参加させていただくのですが、

市の主催者、宮井さんお二人のチャレンジにワクワクしております。

それが、”道明寺天満宮手づくりの市”を伝えるBOOKをつくりたい! です。

ご興味がある方はぜひご覧あそばせ~。

 

*画像は「READYFOR」からお借りしました。

 

 

 


陶工房 飛鳥ワークショップ at スタンダードブックストアあべの

昨日、お向かいの飛鳥さんの出張ワークショップのお手伝いに行ってきました。

「おてしょ」という小皿を1名3枚ずつ作っていただくワークショップです。

IMGP7079-2

濡れタオルを被せられてスタンバイ中の土。

 

まず、「たたら」という製法で小皿の切り出し。

IMGP7081-2

 

そのあと、色土で模様を描く「象嵌(ぞうがん)」。

IMGP7088-2 IMGP7085-2

 

そして、型に沿わせて丸みをつける「成型」をして、

裏に銘を入れて端が下がらないように土で作ったヒモの輪っかで支えて出来上がり。

IMGP7090-2

 

参加者の皆さん、それはそれは集中して模様作りを楽しんでおられました。

ワタクシはといえば慣れないアシスタント業務で変な緊張をいたしましたが、

巨大なキャラメルソース入りのチーズケーキに心はほどけてお腹はいっぱい。

周りにお客様方がいらっしゃるカフェでのワークショップのお手伝いという、

貴重な体験をさせていただきました。

 


あずきミルクのギャザースモック

IMGP7075

あずきミルク色のリネンでギャザースモックを作りました。

前回あずきミルクのリネン服をご紹介したときの写真よりかは、

実際の生地の色に近い写真が撮れたように思います。

 

このギャザースモックは定番人気のパターンで、

ゆったりのんびりした気分の時におすすめの服。

たっぷり生地幅を取っているので、どこも締め付けるところがなく

とっても楽々な着心地です。

 

「どこも締めるところがない」ので、カラダが大きく見えてしまうのが

難点なのですが、それも愛嬌と思えてしまうカワイイ奴。

自分を甘やかしたい時にどうぞ。

IMGP7076