山のなごり

IMGP0512-2

先日の日曜日にアトリエfu-kaで催された「村のヒュッテ」。余韻に浸っていたらもう、5日も経ってしまいました。山好き緑好きとしては「山」での開催ということもあって、とっても気持のいい楽しい一日となりました。

大人気だったカレーとベーグル、スタッフは我慢ガマンと思っていたのですが、多福さんとのそらさんがちょっとだけ♡と分けてくれて、美味しい!も満喫。あー楽しかったなぁ。

「ヒュッテ」は仲間同士の楽しみみたいにして始まっているので、もう次の開催は10月、と決まっています。要は自分たちが一番楽しんでるんですね。この気持ちいい場所を沢山の方にご紹介したいと全員が思っているので、きっとずっと続いていくイベントのような気がします。

ま、そんな具合でヒュッテぼけがようやくおさまってきたのでぼちぼちブラウスなんぞを縫っています。とても人気のある深紫色のリネンのTブラウスは、これからの夏のおでかけに重宝しそう。先日この色を選ばれた方が、同級生と会うときに着ていくーとおっしゃって下さって、嬉しい限りです。

そして再来週の日曜日は道明寺手づくりの市です。さぁ準備準備。

IMGP0576-2


ギャザープルオーバーシャツ

image

先日シンプルなプルオーバーシャツをご紹介しましたが、今度はたっぷりギャザーが入ったシャツを作りました。ラグランスリーブで肩まわりもゆとりたっぷりで、前も後ろもがっつりギャザーを入れてます。

ギャザーで重くなりすぎないよう少し透け感があるくらいの薄手のリネンで作っているので、生地の量が多くてもとっても軽く、風が吹くとヒラヒラ〜となる軽やかさ。

袖もたっぷり生地を使って9分袖くらいにしています。対比効果で手首が細く見える(?)長さで、日除け効果も期待できるかと。これからの暑い季節のお出かけにどうぞ。

ところで、明後日14日の日曜日は「村のヒュッテ」の日で展示室はお休みとなります。よろしくお願いいたします。

※ヒュッテ当日のカレーランチプレートは、こちらでご紹介する前にご予約分が売り切れてしまったそうで、大変申し訳ありません。当日分は別に用意があるとのことですので、カレーランチをご希望される方はお早めのご来場がおすすめです!

image


コットンリネンの三角サルエルパンツ

image

ギャザースカートっぽく見えるけどもギャザースカートじゃない、三角サルエルパンツの春夏バージョン2つめを作りました。少し前にご紹介したバニラ色の三角サルエル同様、春夏バージョンには左右にパッチポケットを付けています。

生地は普通地より少ししっかりしたコットンリネンのツイル織りで、コットンが入っているのでリネンだけのものよりほっこりと柔らかくて少し肉厚で気持ちいい手触り。

色も明るすぎない深い紺色で、かといって制服みたいな堅苦しさは全く感じられず色々と着回ししやすい色めかと。

ボーダーをあわせて面白い感じにしてもいいし、白いブラウスをあわせて涼し気なコーディネイトもいけそうです。

image

 

 

 

 


リネンのTブラウス

IMGP8990-2

とても柔らかで透明感のある白いリネンで、シンプルなブラウスを作りました。

Tシャツみたい気軽に、Tシャツみたいにいつでも、Tシャツみたいにさりげなく着られる何気ないブラウス。だからTブラウス。

少し横幅が広めのボートネックなので首元がとても綺麗に見えて、ドロップショルダーの肩は身体に優しく沿ってくれます。裾がふわりと広がっているので何も着ていないような軽やかさになりました。

このTブラウス、お気に入りのカタチなので色とりどりのリネンで作っていますが、やはり白は抜群の美しさですね。


ブルーのプルオーバーシャツ

image

前回アップしたのと同じシンプルプルオーバーシャツを、ブルー地にホワイトのペンシルストライプのさっぱりしたリネンで作りました。こちらのリネンも前回の生成り色のものと同じく細めのリネン糸で織られた軽い生地ですが、生成り色のものよりすべすべした手触りでツヤも少しあります。

ブルー×ホワイトなのでラフでカジュアルな見た目ですが、生地がしっとりしたツヤを感じさせる上品なリネンなので落ち着いた大人っぽい表情のシャツになりました。

洗いをかけたので、リネンらしいシワシワがいい味だしてます。

image

 


シンプルプルオーバーシャツ

IMGP8959-2

ギャザーもタックもないシンプルなプルオーバーシャツ。留めても留めなくてもいいようなボタンをひとつだけ付けました。

肩まわりと身頃はゆったりざっくり、袖もゆったりしたストレート袖でどこもかしこもざっくりとして風通しのいいシャツです。

生地はとても綺麗なフランス産リネン糸で織られたもの。ツヤやハリはなくどちらかというと素朴な風合いで、糸が細くてカラっと乾いた手触りの軽やかな生地です。

この風合いを生かすにはシンプルなのが一番いいと思い、このカタチになりました。

何もない日に何気なく着る。そんな日常着にいかがでしょう。

IMGP8960-2

 


淡紫色のチュニック

IMGP8955-2

前回ご紹介したのと同じ柔らかリネンで、定番のフラットカラーのチュニックを作りました。生地を優しくたたきほぐして柔らかくする加工が施されているので、固さやハリといったものが全くなく、しなしなととても優しい手触りです。

このフラットカラーのチュニックは襟がポイントで、ふっくらとしたフラットな襟が付いていて、すっきりとうなじを出したショートヘアの方に着ていただくとご本人と服の姿カタチがとっても可愛らしく見える、後姿美人のリネン服なのです。

ゆったり身頃と5分袖の、暑かったり涼しかったりするこれからの季節にインナーを調節することで色々な着方が出来る便利なチュニック。ちょっとしたお出かけにいかがでしょう。

IMGP8957-2


5月の展示室オープン

IMGP8933-2

緑に輝く5月がやってきますね。庭の植物たちも、強くなってきた日差しの中で鮮やかな金緑色に輝いています。向こうに見える山々も庭の花も雑草も本当に生き生きと綺麗。

kinogu(&linogu)展示室では、GWは少し頑張ってオープンの予定です。

4月29日(土)30日(日)は臨時でオープンして、その後は通常通り火曜日を除く15日までオープンしています。

1日(月)と14日(日)「村のヒュッテ」の2日間は臨時休業となりますのでご了承くださいませ。

そして今日縫いあがったリネンのTブラウス。Tシャツみたいにさくっと気軽に着られるブラウスで、ふわっとさらっと着てお出かけにいかがでしょう。

先日金剛山を歩いた時に見かけた小さな小さな路傍のすみれが、ちょうどこんなグレーがかった淡い紫色でした。

IMGP8950-2


村のヒュッテ

IMGP0383-2

先日、久しぶりに金剛山を登ってきました。ちょうど木々が芽吹き始めていてあちらこちらに柔らかな若緑の小さな葉が顔を出し、花も色々たくさん!

山桜、すみれ、シャガ、カタクリ、山吹、コブシなどなど、春真っ盛りといった様子でした。

写真は山頂近くの大きなブナの木。そして上の方に鳥の巣のような丸い影が映っていますが、これはヤドリギ。その下でキスすると結ばれるとか何とかいう伝説のあるヤツですが、何と言ってもその形態が面白いのでしばらく観察。

落ちていた枝もとても個性的で、また花が咲いたり実が付くころに観察すると面白そうです。

IMGP0400-2

そして山を下りて、アトリエfu-kaさんへ。

5月14日(日)にfu-kaさんで「村のヒュッテ」というイベントを開催するので、その打ち合わせと準備とその他諸々のおしゃべりと。それからテラスのちょっとした手直しとテーブルの準備などをしてきたのでした。

「村のヒュッテ」では、当日限定で気持ちのいい素敵なテラスでカレーのランチとデザートプレートとコーヒーを楽しめますので、ぜひぜひ遊びにきてくださいまし。

ランチは予約制になるそうなので、詳細はまたご案内しますねー。

IMGP3220(前回の夕暮れ時の様子)


三角サルエル

IMGP8924-2

もひとつパンツのご紹介です。

始めてご覧になる方はスカートじゃないの?とお思いになるかもしれませんが、よおく見ていただくと裾の真ん中の前と後ろがくっついてるのが見て取れるかと思います。

なので、スカートではなくパンツなのです。履くと左右の足が別の出口から分かれて出ます。そしてまるで太目のモンペのような見た目になるのです。

このパンツの特徴である「ギャザースカートのような見た目」は、履き口が140㎝を超えているのでサイズにほぼ制限がなく多くの人が誰でも履けてしまう、というメリットを生み出し、且つ、「足の出口が2つあるというパンツの特徴」を備えていることによって、パンツばっかり履いてたらスカートは裾がすーすーする感じがしてしまって履きにくい、という方にも取り入れやすい、ユニバーサルなパンツになっています。

ただ一点気になっていることがありまして、「三角サルエル」という名前。

三角ではなくて、四角もしくは台形ですよね。

でも、「四角サルエル」も「台形サルエル」も気分じゃなかったんです。なんだか「三角サルエル」が気に入ってしまったのでした。語感が好きで韻も踏んでて。

三角サルエルがピンと来ない、という方。何かいい名前、ありませんか?

IMGP8926-2